2009年9月23日 (水)

【中目黒でとんかつ食べるのなら!たい樹】

今でも食べたい忘れられないとんかつが2つあります。

1つは日本橋弥次喜多
昭和元年創業の老舗は今のコレド日本橋すぐ近くにあり木造のそれは立派なお店でしたが残念ながら2年前に閉店。
鉈で無ければ切ることの出来ない厚さの「なた切りとんかつ」が一押しメニュー。


もう1つが池尻大橋と中目黒の間ぐらいにあったとんかつ やまと
ネットで検索しても出てこないこの店は、店名にもかかわらずとんかつがメインでは無いようでした。
とんかつは上と並の2種類。
この上とんかつは脂身の甘さ熟成された肉質の旨みが豊富で何故にもっと有名にならないのだ!といつも不思議に。
ところが5年ほどまえに閉店…。
料理の味は人それぞれ、自分が最高に旨しと思えるものが旨い。
それは値段や他人の評価では無い己が持つ味覚の問題…


今回ご紹介するとんかつは中目黒駅すぐそばビル2階にある黒豚とんかつ たい樹
近所に住んでいたこともありよく訪れたお店のひとつ。

2

邪馬渓黒豚使用のロースランチ 1,480円。


34

衣はさっくり肉はジューシーで柔らかい。
美味しいとんかつはまずこの2つが重要。
最初はそのまま、次に若干甘めの専用ソースをかけていただくと胃がごはんを欲して猛り狂う。


5

お米は野県の永井農場の超低農米。
小さめの丼なのでお代わり必須。

何故か若いときはヒレ肉の方が好きだったのですけど最近はロース一本!
肉の旨さは赤身肉なんだ!とも言いますけどとんかついただくなら適度に脂身があった方が旨い。
黒豚塩かつ丼が最近人気なのだそうで気になりますね。
近くにあるとん亭が本店。

評判の良いとんかつ屋よりも自分にとって旨いとんかつ屋はそう多くない。
とんかつだけに限らず全ての料理に対してですけどね。


16

たい樹
東京都目黒区上目黒3-3-6
03-3760-3981




日本橋 弥次喜多は木造店舗から2度ほど移転しており最後はビルの1階、2階に入っておりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

☆今日のナポリタン☆Newペア(中目黒)

今日のナポリタンは月に1回は訪れる中目黒にあるレストラン、Newペアですhappy01

駅から歩いて3分ぐらい?
大きなショーウィンドが目印です。

1

以前から狙っていたお店です。
絶対にナポリタンがメインであるはずです。

でもメニューを見てみると単体では書いてありません。

カレーメニューにカレーとナポリタンとありますのでこれはと思いお願いしました!

麺は少なめがデフォルトですけど今日はお腹空いているので普通に注文。
本来はセットメニューのようなのでチキンも追加。


厨房は奥の方に位置していますので音は聞こえません。
待つこと10分。ナポリタンとチキン到着~

3

4

中太麺 + たまねぎ + ピーマン + ニンジン + ハム + もやしのナポリタンです。

もやしが入っているのが珍しいなあ。
初めて見るタイプです。

早速実食してみると、、、うん。スタンダード!
少し炒めが弱いのでシャツに飛ぶかも。

6

もやしがアクセントになっていますね。

5

チキンの下にもあるからここの料理人はもやしが好きなのかもしれません。
もやしはスパゲッティよりも焼きソバの方がいいな、、、なんて考えながらあっという間に完食です。


ナポリタンは普通だけどもう少しチキンにも頑張って欲しいなの★★☆☆☆ 2

------------------------------
目黒区上目黒3丁目1-4   
ナポリタン えーといくらだっけ?
------------------------------



以上人気サイト、ナポリタン×ナポリタン風でお送りしました。

場所はコチラ




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

【初釜】中国茶会

中国茶会に参加してまいりました。



会場は世田谷は奥沢にある迎茶

なんともオシャレなしつらえが嬉しいこの茶会、主催はFENGYIさん。

参加された方はどなたも食やお茶にお詳しそう。
1_66

2_60

中国茶の会にこのお花のセンスが嬉しい。
3_44

作り点心が旨いこと。

4_34

4_1_4

4_2_2

お茶ですがこれがまた凄かった

1.蜜蘭香単叢と宋種蜜蘭香単叢…樹齢による比較

2.老叢八仙単叢2種…機械製茶と完全手工の比較

3.完全手工の老叢水仙(樹齢400年前後)

5_26

樹齢の違いによる水平試飲だったり機械仕込みと手作業の違いを味わったりしました。

そしてなんとマンゴーのような香りがするお茶もあったのだ。

いや個人差あってその表現にも差はありますけど、確かにマンゴーに由来するような甘い香りを感じました。

黄金色に彩られた香りと味わい森には蜂蜜が全体的にあります。

高級な墨汁と若々しい木々の緑。

滔滔と湧き出る泉のしぶきに乗って黄色い果実が香る…



いやあこうとしか表現出来無いのですが確かに感じたのだ。

7_12

8_12

上は豆花と呼ばれる杏仁豆腐。

旨い


ため息が出ます。


そして驚愕の胡麻餡が入っている団子。



温かいお湯に浸かっている団子をかみ締めると上品で濃厚な胡麻餡がとろりと流れ出てまいります。


!!!



東向きの部屋は光が柔らかく落ち着いた雰囲気を演出していました。


| | コメント (0) | トラックバック (2)