« 【若狭小浜 田村長の絶品鯛の一夜干し】 | トップページ | 【すやの「栗きんとん」藤沢スワン洋菓子店の「湘南鵠っ子」不二家の「ミルキークリームロール」】 »

2010年1月20日 (水)

【茅場町の裏通りにひっそりとある和食処 徳竹で季節の移り変わりを味わう!】

沖縄の言葉でぬちぐすいとは
「ぬち」=「命」、「ぐすい」=「薬」という意味ですが、いわゆる病院などで処方される薬では無く人の優しさや愛情を示す言葉なのだそうです。

そんなぬちぐすいをコンセプトにした「ぬちぐすいの会」が先週末、茅場町の和食処徳竹で開かれた。

季節感たっぷりの元気になれる命の薬はコチラ


1_2

たたき牛蒡
ゴマの濃厚かつクリーミーな味わいが冬の根野菜の旨さを引き立てます。

2_2

白子茶碗蒸し
寒い日だったので熱々のこちらをいただき身体が芯から温まります。
最初に出てくるのはそうした気遣いなのでしょう。

3_2
45

刺身 天然ホタテ、めじマグロ、しめ鯖
がっちがちに塩と酢で締めるものでは無くてほんのりとした味わいです。
石川産のそれはたっぷりと脂も乗ってはいますけど上品。


6

春菊サラダ
干しあみがかかっており温泉卵と和えていただきます。
春菊をサラダでいただくのは初めてですが旨いなあ。
ドレッシング代わりにかかっているのは麺つゆのようなコクがあるもの。


7
8

蕪のクリーム煮
大皿で出てきたのですけどきちんと人数分の蕪になっています。
煮崩れるようなことは一切無いのですけど口中でとろっとろっに崩れます。


9
10

射込み牛蒡
海老のすり身が射込んであります。牛蒡は茨木産。
奥に見えるのはご相伴させていただいた古今亭菊龍師匠。


11_4

かぶら蒸し
蕪をおろしたもの。優しい味わいがとても綺麗です。

13


かきフライ
長崎産のプリップリの新鮮なもの。
ソースでは無く塩でいただきました。

14
15

ゆり根まんじゅう
もちもちした食感が楽しい一品。
とろみが付いた餡は最後まで熱々でこちらもまた身体が温まります。
ま、お酒ガンガン飲んでいるので既に身体は熱々ではありますが…

16

締めのご飯。
ベーコン、バターの炊き込みご飯?
あるいは炊きたてご飯にベーコンを混ぜ込んだものかもしれません。
珍しくも美味しい締めでした。


美味しいものにはパワーがある。
こんなコンセプトで開かれたぬちぐすいの会。
料理も旨かったけれどやはりご一緒させていただいた方々との語らいがあってこそその料理の力も発揮すると言うもの。
ご相伴いただきました菊龍師匠始めとした友人たちに感謝。


和食処 徳竹 (わしょくどころとくたけ)
東京都中央区新川1-10-2
03-3551-2633
定休日:土日

|

« 【若狭小浜 田村長の絶品鯛の一夜干し】 | トップページ | 【すやの「栗きんとん」藤沢スワン洋菓子店の「湘南鵠っ子」不二家の「ミルキークリームロール」】 »

東京・丸の内・日本橋・茅場町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/33040472

この記事へのトラックバック一覧です: 【茅場町の裏通りにひっそりとある和食処 徳竹で季節の移り変わりを味わう!】:

« 【若狭小浜 田村長の絶品鯛の一夜干し】 | トップページ | 【すやの「栗きんとん」藤沢スワン洋菓子店の「湘南鵠っ子」不二家の「ミルキークリームロール」】 »