« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

【旨いじゃないか!!チーズ明太子! もんじゃ麦 西仲店】

大体もんじゃは高すぎると思う。

具材にもよるのだろうけど1,000円以上するのはもはやざらにある。
観光地価格だから?

だから私はもんじゃなんぞはいただきません…

ません…

1
2
3
4

あ、…あああ、

あ~う、旨いね!


食い仲間のkisshさんをお連れしたのは月島もんじゃストリートにあるもんじゃ麦西仲店。
何を注文しようかと迷っていたらkisshさん

「チーズ明太子でしょう。やっぱり!」ときっぱりおっしゃった。

いただいてみればレモンサワーに合うこと合うこと。

もうちょいいただきましょうとお好み焼きも注文。


5
6
7
8


豪勢なミックスはやや薄めであっさりとした味わい。
こちらもやはりレモンサワーの合います。
もう一杯ください!


閉店になりますけど本店はまだやっていますので、とのことだったが本日はこれでお開きに。


kisshさん、どお?満足だった?

「いやああああいいねえ、魚仁のマグロも旨かったよ~」


満足いただけたようでこちらも嬉しい。
他にもねまだまだ旨い店たくさんあるんですよ。


もんじゃ…ま、季節の変わり目ぐらいに一度食べるのもよかろう(負け惜しみ)


もんじゃ麦西仲店
中央区月島1丁目23-10
11:30~22:30
無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

【旨いマグロをたっぷりと安く食べたい!月島の至宝 魚仁】

ハンバーグの達人にしてケンチク家のkisshさんをお連れして魚仁に行った。

まずはねマグロぶつを食べてよ。

1

「うおおおっ、これ見た目は筋っぽいけどトロだねえ、中トロだよ中トロ」

旨いでしょ、えーと日本酒ください!
お酒を飲まないkisshさんはウーロン茶を注文した。
うん、日本酒は相変わらずの普通酒だけどやけに旨い。
kisshさんお茶でいいの?

「いいのいいの旨いもん食えれば」

じゃあ次は焼き物行ってみよう。
マグロのかま焼きください。

2

「あ~こりゃ肉だね。凄い食感だよ、この隙間をほじほじするのもいいなあ」

結構大きいでしょ。
一人じゃ絶対に食べられないからね。
テイクアウトも可能ですよ。

今夜は次も行くからこれぐらいにしておきましょうか。
もちろん魚仁に来たら絶対に頼まなければならないにぎり寿司を注文しましょうね。

3

今日はマグロ、ブリ、ホタテにサーモンね。
ど、どう?


「これはマグロもブリもトロだよトロ! ええっ~旨いなあ~これ!」


喜んでもらえると嬉しいなあ。
でもシャリは凄いでしょ?
ほら箸でつかむとぽろぽろ崩れるから手でつまんでね。
見た目は淡白な感じなのだけど凄い脂!

4

ははははは、お隣さんも注文ですか?
ええ、ええ旨いですよ。
ここに来たら寿司は絶対ですよ。

「いやあ旨かったわ、煮込みもあるようだけどそれはどうなの?」


よくぞ聞いてくださった!
カウンターの中にでかいジャーがあるでしょ?
あの中で煮込まれているのだけど相当に旨いよ。しかも味のブレが結構あってやけに味が薄かったり濃かったりするのだけど毎回旨いんですよ。


「へえ~そりゃ次回来る時が楽しみ」

さてと月島に来たらやっぱりアレ食べたいですよね?

5


魚仁(うおじん)
東京都中央区月島3-12-5
17:00~24:00
不定休


| | コメント (5) | トラックバック (2)

2009年6月16日 (火)

【カンタン!カツオの漬けご飯 江戸は初夏の味】

日本人は昭和の初期ぐらいまではマグロよりもカツオをよく食べていたそうです。
しかし冷凍保存技術や流通の進歩、味覚の洋風化によってマグロのトロ部分をより好むようになりました。

私はマグロは大好きですけど今の季節のカツオってのも旨いものです。
生姜でもいいし、辛し醤油なんてのも乙な味。

カツオを刺身でいただきキリキリに冷やした日本酒をぐいっと飲る。
くうぅぅっ と染み入る旨さ。

お酒でも旨い魚は当然ご飯でも最高に旨し。


■カツオの漬けご飯

4



1.醤油作り

1

醤油に昆布を入れて一昼夜。
風味豊かな味になります。


2.漬け

2

カツオ、生姜、分葱をたっぷりと。
これに1を入れて10分少々。


3.味をマイルドに

3

そのままでもいいのだけど黄身を割り入れることで味がマイルドに。
ご飯に好きなだけかけていただきます。

生姜の代わりに山葵でもいいし納豆入れたって旨いものです。
ご飯には海苔をかけましたけどこれは是非とも欲しい。


休みの朝こいつでお酒を飲むのは禁断の旨さ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »