« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

【築地王主宰による大忘年会に出席した!】

「2009年度は築地王としてその責務を更に果たすべく所存です!巷間伝えられておりますように世の中不景気でますますエンゲル係数が高くなっておりますけど頑張っていきましょう!!」

AUTO-MODのVocalでありフェティッシュダディーのゴス日記ジュネさん仕切りによる大忘年会は、築地王様のお言葉で始まりました。

まずはこちらから。

■小物の南蛮漬け

1

鯵も旨いのですけど付け合せの玉ネギや鳴戸のワカメも良い味です。


■煮貝の盛り合わせ

2

これでだらだらとぬる燗飲むとこたえられませんや。


■大間のマグロの中骨削ぎ落し

4

3

生です。
この骨に付いた身をこそげ落として食べるのです。
食べている皆笑顔になった逸品ですね。
スプーンでこんな感じでいただきますよ。

■豊前本ガニ

5

6

なかなか入荷しないカニなのだそうです。
チーズを思わせる濃厚な味噌には甘めの日本酒とかそうだフィノなんか合うのでは?


主宰の築地王様とジュネさん。

7

王様来年も築地をよろしく頼みますぞ。

■牡蠣とブリの味噌鍋

8

牡蠣と寒ブリの味噌椀。
あ~これは大鍋だからこそ出せる味ですね。
豪快なのだけど火の通し方が絶品で牡蠣の身が柔らかく酒が進みます。


■しゃびの塩焼き

9

10

これは珍しい!黒かますの塩焼き。
よく知っているかますとは大きさが全く違います。
大きさが1mぐらいあるのです。
味は淡白そうな白身なのだけどしっかりと脂が乗っており美味しいものです。


■握り10種

11

ため息が出るような寿司たち。
金目が旨かったな。確かめていないけど少し昆布で締めているのかな?

12

いくらも軍艦巻きではなくこんな形で供されて。

卵焼きと穴子の押し寿司です。

13

ご飯は古代米に近い品種と呼ばれている黒米を使用しています。
酔っ払ったお腹にはこれぐらいのシャリが適度でいいですね。


■バラちらし寿司

14

キュウリの歯応えが爽やかな一品です。
これ最初に出てきたら丼で2杯は軽いかも。


他には写真にはありませんが、岸川さんの夜摘み塩のりでいくらやウニを巻いていただきます。
これがまた唸るような旨さでまいりました。

旨い食事やお酒は佳き仲間がいると更にその旨さは倍増するもの。
今年も様々な佳き人との出会いがありました。
来年も何卒よろしくお願いいたします。
豪華な参加者は
築地王様ご夫妻 
ジュネさん率いる城東暴食連合より
J-drumさん
みっつさん
ゆっきいさん
月島仮面さん
くにさん[くにろく東京たべある記]
まさぴさん[馳走に屋号に意匠あり]
romyさん(お友達の方も)[Tokyo Diary]
つきじろうさん[春は築地で朝ごはん]
月島勝どき飲ん兵衛連合より
マッシーさん[マッシーのグルメ日記]
ワシ・ブロさん[ワシ・ブロ]




来年も大いに食べましょ!

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2008年12月26日 (金)

【クリーミーで濃厚!では無い…だけど!?コーンスープラーメン!月島の札幌ラーメンどさん子】

茅場町に紫金閣と言う中華料理屋がある。

友人である日本橋の鉄鋼王I田が
「中国人のお客さんをよく連れて行くのだけど旨い!って喜んで食べているぜ」

「高くて旨いのは当たり前。安くて旨い店を評価するんだよ」
ふーん。中華街とかどう思っているんの?
「いいけどとにかく高いから駄目だって」

Shikinkaku

そんな紫金閣でよく頼むコーンクリームスープ。
3人で取り分けてもたっぷりいただけるボリュームと旨さと安さ(確か500円ぐらい)に驚きます。

敬愛するブロガーであるワシ・ブロさんのエントリ豚骨魚介ブームにもの申すっ?…どさん子(月島)の『コーンスープラーメン』を読んだ。

…えっ!?…まあそれはありですよね。
スープパスタでも近いものあるし。

早速札幌ラーメンどさん子月島店に行ってみました。

1

漢度120%の店内

2

!!
見た目はいたって普通。
と言うよりはそのままですね。

いただいてみましょう。

…ん?……えーと。
…う、薄い?

3

魚介、鶏がらなど普通のラーメン出汁がベースとなっているようです。
粉末のコーンスープを溶き入れたと思われますが薄いなあ。
うーん…

それでも決してクリーミーで濃厚な味ではありませんが、何故だか美味しくいただけてしまうのは空腹だからではないはず。

紫金閣のコーンスープに麺を入れたらどんなに旨いだろうか。
いや、それなら自分で作ってしまえばいいじゃないか!

4

札幌ラーメン どさん子 月島店
東京都中央区月島3-29-5
03-3531-8870
営業時間:11:00~25:00
定休日:月曜日、第3月・火曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

【永井荷風が通い詰めた名店 浅草アリゾナキッチンで絶品ビーフシチューをいただいた!】

シチューとスープに明確な区分は無いらしい。
しかし食材が比較的大き目に切られメインデッュとして食べられるのがシチューを呼ぶの
が一般的とwikiでは解説されております。

給食やらCMの影響で、大きな鍋にごろごろと野菜たっぷりの粘度の高い汁ものがシチュ
ーと言う刷り込みが一般的な日本人にはあるのではないでしょうか?

浅草の裏通りにひっそりとあるアリゾナキッチンではそんなスープのようなものでは無く、
多目のドミグラスをまとわせた上品な牛肉を食べさせるシチューを供していただけます。

1

アリゾナキッチンとは昭和24年創業のウエスタン調の洋食店。
文豪(大好きだ)永井荷風が

毎日午前11時半に決まったように来て、右側の席に座り、最初の3ヶ月はタンシチューとグラタンそれにお銚子1本が半月続くと、次はチキンとレバーの煮込みとカレーライスにビール1本

と言うようにかなりのお気に入りの店として著作にもしばしば登場します。

しかし昭和61年に一時閉店。
平成9年に観音通りの「日本料理屋 暮六つ」の経営者が引き継ぎ、再開。
木造を鉄筋コンクリートに建替えたが出来るだけ以前の姿を再現しているそうです。
立替前にも何度か来ておりますが梁とか各所の造作がもっと細い印象があります。

注文したのはもちろんビーフシチュー

2

おお、これこれ。
この赤ワインが効いたドミグラスが堪らなく旨い!
牛肉をほおばると深いコクと旨みたっぷりシチュー成分がにじみでてまいります。
これにはワインじゃなくてウイスキーが一番ぴったりとはまる酒。
洋食にはウイスキーと決まっているのだ!
決まってはいるのだけど昼なのでそこはぐっと我慢。
同行者はチキンとレバーと玉ねぎをデミグラスソースで煮込んだチキンレバークレオー
ル。

3

これもまた小躍りしたくなるような旨さです。

デートと言うよりは、今ではお腹がでっぷりと出た学生時代の友人たちと少人
数で楽しく食べるのにぴったりだ。
荷風をネタにシチューとウイスキー…

5

アリゾナキッチン
東京都台東区浅草1-34-2
03-3843-4932
月曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

【真冬の坂道 渋谷道玄坂 焙煎ごまにんにくダレが香ばしいとんこつラーメン!】

道玄坂
オルガン坂
スペイン坂
金王坂
南平坂

渋谷に数多くの坂があります。
武蔵野台地の端に位置し文字通り渋谷川に沿った谷にあたる訳なので、坂が多い。
その中でも宮益坂は青山に抜ける大人っぽい雰囲気を持つ坂のイメージがある…
とは言うものの新陳代謝の激しい渋谷においては宮益坂も変化激しく、昔(ほんの10年前)とは違った表情を見せております。

その宮益坂を上がり左に少し下り右手に見えるところにらーめん七志とんこつ編 渋谷宮益坂店があります。
実家近く(横浜青葉台店)に本店がありよくいただいたもの。

Ramen3

一番人気の七志らーめんにトッピングの煮玉子を付ける。

Famen1

こってりでもあっさりでもないスープは毎日でもいただける味。
とんこつに「ゴマとニンニクの焦がし油」をかけるのは臭みを押さえるためでは無くて、とんこつの風味をより良く味わえるようにするためなのだ。

白地にひとつ点を加えると白が引き立つ。
そんな感じがいたします。

コシがある中太ストレート麺とコラーゲンたっぷりの国産豚で作ったスープでお肌がツルツルに!
…なるはず…いや何となく。

Ramen2

らーめん七志とんこつ編 渋谷宮益坂店
渋谷区渋谷1-6-4  せいこうビルM2F
03-5485-1774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

【城東暴食連合忘年会 in 新宿の立ち呑みフレンチ・プロヴァンサル 最高のギグだった!】

あ~どうも初めまして。
「ようやくお会い出来ましたね」

目の前にAUTO-MODジュネさんがいる。
中学~高校の多感な時期にイギー・ポップがロンドンコーリングでピテカントロプスかつディスチャージがOiOiだったのだけどCV/GATEでやさぐれていた私にとって嬉しいと言うよりは不思議な感覚。

あははははは、どうもどうも。
と挨拶していると築地王様、くにろくさん、ワシ・ブロさんがいらっしゃった。

「今日はこっちは城東暴食連合だけどこちらは食ブロガーさんですから」
今夜はジュネさん主宰による「城東暴食連合忘年会」にお呼ばれ。
派手な音楽関係者と料理が出てくる度に撮影大会が始まる食ブロガーたち。
5、6人ぐらいの集まりかと思っていたら総勢40人!

ワクワクするような空気感。
そうまるでライブが始まる前のウキウキした緊張感!

1



「カンパーイ!」
ジュネさんの乾杯により始まりました。
ワインは飲み放題。
さすがプロヴァンサル!


まずは前菜。

ガーリックトースト
パルマ産生ハム
ノルウェー産サーモンのマリネ
レバーペースト
天然真鯛のカルパッチョ

2

3

あ~白ワインでグビグビ行きます。

「若旦那ですね、おひさしぶりです」

お!三井智映子ちゃんではないですか。
若旦那ってとこがちょいと違う気がしますけどよく覚えていてくれました。
美少女なのですけど凄く強い芯をもっている女優。
しょうが焼きに恋してる」のGingerさんもいらっしゃっています。
この人いっつもキメキメ!
今度じっくりと80年代ロックについて語りましょ。

蠣のグラタン
地鶏と白レバーのきんかん
ランド豚のトントロソテー
和牛ほほ肉の赤ワインシチュー
地鶏丸のロースト

4

5

6

7

基本的には大皿に盛られた料理を取り分けるスタイルです。
料理はどれも丁寧かつ熱々の出来立てを食べてもらおうと努力されているのが嬉しい。
ワインは赤をグビグビ。

「少し上向きに撮った方が料理の高さが表現出来ていいよ」
おお、築地王様から撮影についてレクチャー受けちゃいましたよ。
王様のデジカメはリコーのGR、これ憧れです。
ごにょごにょと業界動向など。
ワシ・ブロさんはライカだし、くにさんはどーんと一眼レフ。


ブランド豚の煮込み中華風
和風ミートソースパスタ
ネタで作って頂いたポークジンジャー
ナポリタン

8

9

このナポリタンはいらっしゃる予定であったナポさんのために作ったもの。
…現れませんでした。

これでもか、これでもかと料理がどんどん出てまいりますが、ワタクシタチも食べます、食べます、飲みます、飲みます!と応戦。

美味しいものを食べさせたい!そんな料理人たちのぎゅっと心のこもった料理はホントに美味しい。

これだけ飲んで食べて5千円は今回の主催者であるジュネさんのおかげかと。



「また今度じっくりお話しましょうよ。テクノ好きなんですよね?パンクとテクノは親和性あるんですよね~」

ジュネさん!ありがとうございます。是非とも!!

23時にお開きとなり大いに盛り上がりを見せた会は終了。

ご一緒させていただいた人たちは新宿でチョイ飲みしたようです。


楽しい時間を過ごさせていただき大感謝であります。
旨い料理、旨い酒、そして何より楽しい友人たちがいるからますます楽しい!

立ち呑みフレンチ 「プロヴァンサル」
東京都新宿区歌舞伎町2-45-7 大喜ビル1F
03-3205-8113
定休日:日曜

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月14日 (日)

京橋【ど・みそ】12月日祝日限定メニュー スペシャル海老味噌らーめん

京橋にあるらーめんダイニング【どみそ】

恒例となりました月替わりの日祝限定メニュー。
12月はスペシャル海老味噌らーめんとのこと。


そ、それは一体何?


公式blogを見てみると

 ・燻製海老チャーシューと燻製卵
 ・紅白の春雨揚げクリスマスバージョン
 ・高温海老油
 ・海老味噌団子


フュメドポワソンだったりアメリケーヌだったり海老ストックだの使っているのかな?


早速いただいてみると。

1

コチラも是非ともご覧下さい。

むー、これはまた海老の香りが凄いですね。
うん柚子がアクセントになっていいなあ。

白髪ネギもそうだけどこの春雨を揚げたのも面白い。

スープはどうだろう?


あ~こりゃ旨い。
桜海老?この小さいやつからじんわり滲み出てくるのが良い出汁になります。
いつものぶりぶり、もちもちとした食感の麺にスープがよくからみます。

あれ?
この海老!?

2

「殻ごと燻製にしてから殻を剥いているんですよ」

はあ~それで燻製香がするんだ。
しかしこの大きさは凄い。

全体的に赤だしクリスマス気分で盛り上がりますな~


「これらのトッピング類はクリスマスに近づくとどんどん変化するんですよ」


えっ?それって?


「日祝限定ですから23日に最も凄いことにね…」


…、ほお…更にクリスマスツリーのように… 


23日は期待大です!!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

【カンタン!ニンジンポタージュスープ 富士マートでニンジン詰め放題だったのだ!】

ビニール袋にニンジン詰め放題!

やや小さめながらも香りも良いし何より200円ってのが魅力的だったので後先考えずに購入。
月島のスーパー富士マートで大量買い。
このスーパーは鮮魚類の品揃えが素晴らしいことでも有名なのだが野菜類も安くていいのだ。

帰宅してからどうしたものかと。

ウサギも馬もいないしなあ…とお約束の嘆息。


冷凍もなあ…

夏ならばレモンとハチミツ加えてジュースにしてビールジョッキでゴクゴクやるのもいいのだけど、今はなあ。

そうだ、スープにしてしまえ!


【ニンジンポタージュスープ】

1

1.ニンジン、玉ネギを適当に切ってオリーブオイルで炒める。
 生米を入れるととろみが付きます。


2

2.ニンニク入れてもいいのだけどここはシンプルに。
 玉ネギが透き通ってきたら炒めは終了。
 ニンジンは8分ほど熱が通ればいいかな。

3.ミキサーで攪拌。
 もっと細かく切れば良かったとここで若干反省。
 いやもう少し熱を加えても良かったなあ。


3

4.鍋に移し、コンソメキューブ1つ加える。
 コンソメは無くても構いません。


4

5.ミルクを適当に加える。
 200ccぐらいかな。
 塩で味付けをする。


5

完成!


カボチャとかジャガイモほどなめらかさは無いけど甘みがあって旨いです。

冷やしてもいけるはず。

何と言っても普段の野菜不足を補って余るほどの充実感があるのが嬉しい。


またニンジン安売りしていたら作ってみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

【替え玉はここで覚えた!築地でいただく元祖トンコツラーメンの店 築地ふくちゃん】

銀座あたりで飲んで酔っ払って帰宅する。
晴海通りをとぼとぼ歩いているとちょうど築地あたりで何か締めたくなるもの。
ビールの1本にラーメンが食べたい。

築地でラーメンを食べるとしたらどこがいいか?

行列が絶えない築地井上

大一(だいいち)

若葉なんて店もあったな。

場内だとやじ満(やじま)のカキラーメンなんてのもたまらなく旨いもの。

でも築地だからせいぜい昼ぐらいまでの営業だ。
夜は市場(築地だからこれは『しじょう』と読みます)からすぐ近くにある築地ふくちゃんだ。

4

このネオンがたまらなく食欲を掻き立てますね。
辛子明太子で有名な「かねふく」の外食事業部として始まったもので、博多とんこつ味を関
東に普及するために開業したので関東圏以外には系列店がありません。

関東圏では替え玉、卓上に設置された明太子、ワカメ、メンマなどのトッピングが取り放題
なのは24年前に出来た時ずいぶんと珍しかったのを覚えている。

3

あっさり味の博多らぁめん(600円)

飲みの締めにはこってりもいいけど今回はあっさり味を選択。
麺は固めにして途中からトッピ
ングの辛子明太子を入れてみた。
前にいただいた時はもっとストレートな味付けだったのだけどずいぶんと複雑で濃厚
なんだけど後口が軽い仕上がりになっていますね。

大満足で店を出て勝どき橋を渡ると月島。
締めの締めにもう一杯だけどこかに入ろう。


2


ふくちゃん 築地総本店
中央区築地6-9-5
03-3545-6005
営業時間:11:00~翌5:00(LO4:30)※おお頼もしい!
年中無休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

【銀座にも近いウォーターフロント街にあるラーメン店 ぽっぽっ屋 晴海トリトン店】

元祖再開発地である晴海トリトン。
頑張れ!トリトン!
銀座からも徒歩圏内だ!

平日は隣接する企業の方々で大いに賑わっているのですが土日は閑散晴海トリトン。

その晴海トリトンで一番好きな店がぽっぽっ屋。
日本橋の小伝馬町にあるラーメン店「ぽっぽっ屋」の支店です。


1

カウンター席に座ると月島方面が見えそこはかとなくオシャレ。

太い麺と濃厚なスープが特徴。

麺の茹で具合はもちろんのこと、スープの味付けを濃くしたり脂を薄めにしたり出来るほか
野菜多目やトッピングの玉ネギを追加するのも可能。
長ネギでは無くて玉ネギ(みじん切りの生)なのが珍しいですね。


Ramen1

野菜を多めにしてもらい普段の野菜不足を補完してみた。

麺は小麦粉の香りがすると言うよりは…すごく歯応えあります。
これはもしかしたら生煮えなのではと疑うほど。
野菜は大量のもやし、キャベツにきくらげ。
チャーシューは3枚入り。

やや甘めのしょうゆ味スープには、豚の背脂が浮かんでいますが脂臭さは無く、こってりとした旨みが味わえます。
こんな味わいです。

興味深いのは最近のMEGAブームに乗ってかここでもこんなメニューが登場。

【超ドデカスペシャルらーめん】¥2,000
通常らーめんの約3倍のドデカスペシャル!
これはチャレンジメニューでは無いので何人で頼んでも良いらしい。
デートメニューには最適かと。

3

ぽっぽっ屋 晴海トリトン店
中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
03-5144-8259
年中無休


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »