« 【頑固な武士が創るラーメン  麺酒坊 サスケ 飯田橋】 | トップページ | 【月島の名店居酒屋 肴や味泉(さなかやあじせん)で素晴らしき人たちと料理に出会った】 »

2008年11月17日 (月)

【京橋の有名ラーメン店で習った鶏チャーシューで日本そばをいただいた!】

「鶏胸肉を岩塩と****入れたお湯で1時間30分煮るだけ」
「決して沸騰させないように」


京橋にある某ラーメン店の方に鶏チャーシューの作り方を習った。
月毎に替わる休日限定ラーメンに入っていたチャーシューがあまりに旨かったので聞いてみたのだ。
ぼそぼそしがちな胸肉がしっとりとし美味しい。
教えていただいたレシピを自分なりにアレンジしたのがコチラ。

1.鍋に水を貼り塩(岩塩だと尚良し)、粒コショウ、ローレル、昆布を入れ60度程度まで加熱する。

2.鶏胸肉を入れると同時に昆布は引き上げる。

3.1時間30分沸騰させないように煮る。

4.火を止めそのまま常温までゆっくりと冷ます。
 タッパーに煮汁ごと入れて冷蔵庫で保存。


完成したものをいただいてみるとしっとりとした味わいの鶏チャーシューが出来ました。
鳥ハムに作り方が似ているけどこちらの方が作り方が簡単。
冷蔵庫で3日ぐらいは持ちそうです。
日曜日、ネギをたっぷりと使い少し甘めに作ったかけ汁で作った温かいそばに乗せてみた。

1

2

鶏南蛮よりもあっさりとしたものに仕上がりアクセントとして山椒をふりかけていただくと、寒い朝にぴったりのものに

3

近所の佃公園にて。
鴨が飛来しており本格的な冬の訪れ。

4

鴨肉とクレソンだけで作る不倫鍋が美味しい季節に。

|

« 【頑固な武士が創るラーメン  麺酒坊 サスケ 飯田橋】 | トップページ | 【月島の名店居酒屋 肴や味泉(さなかやあじせん)で素晴らしき人たちと料理に出会った】 »

」カテゴリの記事

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/25421606

この記事へのトラックバック一覧です: 【京橋の有名ラーメン店で習った鶏チャーシューで日本そばをいただいた!】:

« 【頑固な武士が創るラーメン  麺酒坊 サスケ 飯田橋】 | トップページ | 【月島の名店居酒屋 肴や味泉(さなかやあじせん)で素晴らしき人たちと料理に出会った】 »