« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

【七志とんこつらーめん編 青葉台店 九州系より臭みがなく、家系よりもクドくない!】

先日帰省し夕食後くつろいでいたところ友人から呼び出し有り。
とにかく飲もうと悪魔のお誘い。

うーんもう24時過ぎているんだが…



だがこちらも好きなものだから喜んで出かける。

1 

田園都市線青葉台駅からちょいと歩いたところにある七志とんこつらーめん編。

平成9年に出来たこの店、株式会社ナナシフードサービスと言う私とほぼ同年代の方が立ち上げたとんこつらーめん店です。
店名にあるように「~編」とあるのはいずれ何か他の業態にチャレンジするのだろう。
餃子にチャーシューを肴にビールをガンガン飲む。

「それじゃ〆ますか」

これはお会計では無くてラーメンを食べようと言うのだ
実家でたらふく夕食食べた後なのに…



だがこちらも好きなものだから喜んで注文する。


コチラをいただきました。



あー食べた!!

ひさびさだけど旨かったね~
ん?もう一杯飲みに行こう?いや疲れているし明日早いんだよ。




だがこちらも好きなものだから喜んで…



七志とんこつらーめん編 青葉台店

横浜市青葉区榎が丘26-13
045-984-7749
午前11:00~深夜1:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

【産地がはっきりとした素材と石臼十割そば 飯田橋「松匠」(まつしょう)】

そば好きです。

路麺が多いですけどね。

飯田橋にある「松匠」は至極まっとうな素材でそばを真面目に作ってくれる良心店。

1

2

いただいたのはコチラ
ランチはご飯のボリュームが結構ある。

じっくりとお酒と肴〆のそばをいただきに伺いたいもの。


店主じょーさんのとびっきりの笑顔も嬉しい松匠の場所は

JR飯田橋駅西口降りて左(神楽坂とは逆方向)5分ぐらい歩くと右側に日本歯科大学が 見えますのでその先。


松匠(まつしょう)
東京都千代田区富士見1-9-21
電話:03-6902-2410
営業時間:11:00~22:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

【京橋 らーめんダイニング ど・みそ 月替わり日曜限定らーめん】

せみが鳴いておらず鴨がいない季節を秋。

ちょっと郊外に行くと10月ぐらいまでセミがいるのでそこはまだ夏

大好きなヒグラシの鳴き声を最近とんと聴いておりません。
どうしたのだろうか?

朝方にあのカナカナカナカナ~って鳴き声聴くの好きなんですよ。

2

さて、いつも何かやってくれる!京橋のらーめんダイニング ど・みそ

8月の日曜日限定らーめんはコチラでした。

3

夏でしたからね。
それにしてもこの野菜の使い方は面白いなあ。



それでは今月は何でしょう?

Domiso2

えええっ?そう来ましたか!
この味って…らーめんで…ありですか?


毎月日曜日のメニューが楽しみなのですが祝日の営業に加えこの限定らーめんも食べられるのだそうです。


ありがたい。




らーめんダイニング【ど・みそ】
中央区京橋3-4-3
03-6904-3700

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

【夢幻かおわら風の盆】

おわら風の盆とは

富山県富山市八尾町(旧婦負郡八尾町)で毎年9月1日から3日にかけて行なわれている祭り。

越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で、無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する。艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、悲しげな音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了する。おわら風の盆が行なわれる3日間、合計30万人前後の見物客が八尾を訪れ、町はたいへんな賑わいをみせる。

wikiより引用




昨年初めて観に行きその幽玄なる美しさに心奪われました。
総勢5名しかも私が最も若手と言う大人なメンツで訪れました。

八尾(やつお)は小さな町で宿泊施設は小規模なビジネスホテルや旅館が数軒しかない。
祭り期間に臨時営業する民宿や、やや郊外に位置する会員制おわら観光リゾートホテルを合わせても1000人ぐらいしか宿泊できずほとんどの観光客は富山市中心部に泊まることになる。

私たちは幸運なことに一般民家の一部屋を借りることが出来た。

2

このように2階から眺められるのだ。
お酒片手に無上の幸せを感じていました。


祭りは基本的には23時までなのですがその後夜明けまでの時間が素晴らしい。


夕方からお酒飲んで踊ってはビール、酒…
24時を過ぎたあたりからふらふらになってしまい部屋に戻る。

酩酊しぼーっとなった体を横たえると窓の外から三味線と胡弓の音色。



見ていないのだけど目を閉じるとその美しい踊りが目の前に…




…うん…。 
あ、しまった4時じゃないか!
ずいぶん飲んだからな…

緩んだ帯を締めなおして外に行くと八尾で最も高台に位置する東新町で名残惜しそうに踊っている。


舞台では無いから照明があってはっきりとその姿が見えている訳では無いのだけど、淡い光りの中で幻のように美しい。


ああ、非情にも夜が明けてしまう。

1

祭りは3日間行われるけど私たちは帰らなければなりません。

また来年…。




熱気、そよぐ風、三味線の音、寂しげな胡弓、艶やかな踊り
現場でないと感じられない多くのことがありますが、コチラに動画をまとめましたのでご覧下さい。







翌日富山ブラックを食べに

アレ?こんな味だったっけ? 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

【食物を司る保食神 倉稲魂命(うがのみたまのみこと) 神田 五十稲荷神社】

神田を単衣で散歩中。

こじんまりとした神社発見!

1

2_2

五十稲荷神社(ごとおいなりじんじんじゃ)

創祀の時期は明らかでありませんが、慶長(1700年頃)には既に徳川家に安産守護神として崇敬されていたと伝えられております。
その後、当地は栃木県足利の戸田長門守の屋敷内となりました。
五十稲荷の名は、足利で織物の市が五と十の付く日に開かれたため、江戸の戸田邸でもその繁栄を祈願するために毎月の祭事を五と十の付く日に執り行ったことに由来しています。

看板より抜粋
所在地:千代田区神田小川町3-9


関東大震災までは近くにあり200坪の敷地を誇る大きさだったとのこと。
大いに賑わっていたのでしょうね。

何と言っても「食物を司る保食神」ってところが大変気に入りました。





さて、この夏は友人に美味しい明太子をいただき大変幸せ。

1_2

ペペロンチーノを作りバターと明太子を和えたものを混ぜる。
青物はピーマンを千切り(太いけど)にしたものをちょいと加え、皿に盛ったあと昆布(何故か大量にあるんです)を上からぱらりと。

2_3


明太子の塩気と昆布の旨みが思いのほか良い組み合わせで旨い。

ご飯に味噌汁が基本の朝食なんだけど気合の入らない朝はこうしたお手軽パスタだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

【ハチミツを使った簡単!!チャーシュー! つけ麺が旨い】

美味しいつけ麺が食べたくなった。

お店に行ってもいいのだけど自宅でビールを飲みながらゆっくりと食べるのもよかろう。
何か参考になるものは…と。

ラーメン、つけ麺、僕・・・・・・@家つけ麺

お、さすがだなあ。
よしつけ麺はこれを購入するとしてチャーシューか。
作ると時間かかるのだけど…いや旨いものを食べるためだ!!




【チャーシュー】
1.豚ばら肉の脂身に切れ目を入れる。

2.脂身を外側にして巻く。
 1で切ったのは巻きやすくするためだが切らなくても全く
 問題ないようです。 ちょっと工夫してみたかっただけ。

3.タコ糸で成形。
 カッコイイ縛り方あるようですけど崩れなければいいので
 適当にやった。 亀甲縛りでも問題ありません。

4.日本酒、味醂、しょう油、オイスターソース、甜面醤で作っ
 た漬け汁に浸す。
 長く浸した方が味がしみ込むのだろうけど早く食べたいの
 で5分ぐらいか。
 この時ハチミツをたっぷりと上からかけます。

5.表面を焼き固める。
 手入れをしないと錆びるのが面倒だけどお気に入りの中華
 鍋で焼きを入れます。

6.適当に焼いたら4にまた浸けます。
 我慢出来ずに3分ぐらい。

7.180度に余熱したオーブンに30分と言いたいところですが、
 お腹が空いているので8分×2回。

8.じゅうじゅう音を立てて焼きあがったのですぐにでも食べ
 たかったのですが、あせらずにアルミホイルに包んで、ベン
 チタイム。
 冷える間に味がしみ込み肉汁が中に封じ込まれるのです。


タコ糸を切って完成。

一連の作業はコチラをご覧ください。




さあチャーシューが出来たのでつけ麺だ!!

購入したのはコチラ

R_imagecak7wb6b_2

サイトより画像引用
つけ麺の達人 濃厚味噌だれ

家にあったキャベツ、ニンジンを茹で半熟玉子、メンマを添える。
つけ汁には長ネギでは無く玉ネギのみじん切り。
ほんとは一晩ぐらい肉を寝かせた方がいい味出るのだけど、たっ
ぷりと切って加える。

1

2

あー、魚介類の出汁が効いていて旨いなあ。
最近のこの手のものは凄いですね。
同じシリーズで味噌ラーメンの評判が高い。



そうだ、背脂買って来て上からちゃっちゃっと振りかける。
ニラともやし、コーンを加えて…


…夢は広がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

【蕎麦打ちはロックだ!!】

そのあまりに

ロケンロールな姿に心打たれました。

702625



握りこぶしを振り上げてご覧いただけますようご案内いたします。


ロックン蕎麦!


満足そうなオーディエンスはひたすらアンコールを繰り返す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

【渋谷の神泉でうさぎを見た!!無化調トリプルスープの凄い奴】

最初にこの可愛らしいうさぎを知ったのは親愛なるココのサイト。

その昔、池尻大橋に住んでいたことや仕事場もあったことから神泉近辺は懐かしき青春の街。
結構旨い店があって遊べるのです。


最近とみに食べている無化調ラーメン。
なんとコチラの方まで食べていらっしゃる。

珍しく渋谷でCDに本などを大人買い。


荷物が多かったけどちょいと歩けばうさぎに会えるじゃないか!
たまらぬ旨さは動画でご覧ください!

3

ランチセットのワサビ焼豚ご飯は真似したくなるような逸品。



大評判の餃子とビールでぷっは~したいところをぐっと我慢。

大人ですからね。


優しき味なれどどこか芯がびしっと入った頑固さを持ち合わせたラーメンを食べられた幸せ。


らーめん うさぎ
渋谷区神泉町8-13
03-3464-4111
営業時間:11:30~15:00 18:00~23:00
定休日:日曜日

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »