« 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 | トップページ | 【料理ジャンルの本場の方が食べている店は旨いのか?茅場町の中華小皿料理 紫金閣】 »

2008年8月24日 (日)

【あまりにも有名な札幌ラーメン どさん子月島店で冷しスタミナラーメンをいただく】

2

日本全国どこにでもあるこの看板。

ご存知札幌ラーメン「どさん子」 



私たちが最初に認識する北海道の味とはここのラーメン。
※そう言うことにしておきます。

調べてみると

運営企業は株式会社ホッコク
昭和36年に創業し「どさん子」ラーメンのブランドの下に外食産業、FC事業の草分け的存在。
日本国内にみそラーメンブームを作り、1960年代には、いち早く米国ニューヨークへ進出し、現地10店舗のラーメン店の運営も。
その後ご当地ラーメンブームの到来と共に、広域での同一ブランドでの展開から、フリーブランドで地域に合ったラーメン店舗作りを行っている。

とのこと。






以前から月島店があるのは知っておりましたが、なかなか入るチャンスはありませんでした。

ところがここ数週間の間に私の敬愛するご近所ブロガーワシ・ブロのワシ・ブロさん、マッシーのグルメ日記のマッシーさんらが「旨かった!」との記事を書いており心の中に棲む 札幌ラーメン「どさん子」心 が騒いだ。



月島駅より勝どき駅にほど近い清澄通り沿いにある札幌ラーメン どさん子。

お2人のブロガーさんが頼んだ「冷やしスタミナラーメン」を注文。

豚ばら肉、キムチを中華鍋で炒め、冷やした麺の上にキュウリと共に盛り付け仕上げに玉子の黄身を乗せて完成です。

1

その見たまま通りの味は最高であります。

コチラもご覧ください。


私なんぞが若僧中の若僧に分類されるほどおやぢ濃度の高い店ではありますがスポーツ紙を見ながら、オリンピックを見ながら食べている時は皆童心に。


札幌ラーメン どさん子月島店
中央区月島3-29-5
電話: 03-3531-8870
営業時間: 11:00-01:00
定休日: 月曜日、第3火曜日

|

« 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 | トップページ | 【料理ジャンルの本場の方が食べている店は旨いのか?茅場町の中華小皿料理 紫金閣】 »

月島」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、ついに旦那さんも「どさん子」心が騒いじゃいましたか(苦笑
なんつーか、ジャンク魂に火がつくメニューの数々なんですよねぇ♪

確かにワシらでも小僧っこに分類されるほど、こちらオトナ〜なお店☆

ワシ的には、何より「旦那さんの時もトッピングがキュウリだった!」という驚愕の事実に
ワシの時のネギは一体なんだったのか、と(苦笑
川口探検隊並みに、どーでもいいことを掘り返してみたくなるお店です♪

投稿: ワシ・ブロ | 2008年8月25日 (月) 18時40分

>ワシ・ブロさん

ネギよりもキュウリの方が清涼感があるとの判断かと。
試行錯誤の初期段階だったのですね。
いずれここで宴会しなければいけません。

岸田屋~どさん子~大島や~星時計~tin

のゴールデンコースにしましょう。

投稿: 佃の旦那 | 2008年8月28日 (木) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/23217239

この記事へのトラックバック一覧です: 【あまりにも有名な札幌ラーメン どさん子月島店で冷しスタミナラーメンをいただく】:

» 札幌ラーメン どさん子「冷しスタミナラーメン」 [勝どき・月島] [マッシーのグルメ日記]
今日のランチは、勝どき駅・月島橋の近く、 清澄通り沿いにある「札幌ラーメン ど... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 13時16分

» 方針変更で大当たりな、どさん子(月島)の『冷しスタミナラーメン』とか… [『ワシ・ブロ』]
ついに、あのまんまマトモな雨も降らず…梅雨明け~(・∀・)…ってか、もう先週から明けてたんでねぇの?ってなツッコミはよしこさん( ̄^ ̄)これまた昼過ぎまで寝まくって腹ペコペコな土曜の午後こんな真夏の日差しを見ちゃった日にゃあ…冷や中びより~(´0ノ`*)ってなワケで、... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 18時36分

« 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 | トップページ | 【料理ジャンルの本場の方が食べている店は旨いのか?茅場町の中華小皿料理 紫金閣】 »