« 【幻想的な神輿 佃の住吉神社 例大祭 最終日】 | トップページ | 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 »

2008年8月17日 (日)

【真夏の夜にぴったり! ゴーヤーみょうがと砂肝さっぱり漬け】

住吉神社の例大祭も終わり佃・月島はすっかりと落ち着いてしまっております。
休む暇も無い街、渋谷とか新宿は新陳代謝が激しいからやっていけるのだろうな。


真夏の夜にはこうしたものが旨い。

2

能作の片口にはきりりと冷えた辛口の日本酒。
冷凍庫に入っているトロトロのジンも旨いしビールだって良い。
大好きなハイボール(国産が好きだ)とかジンライムは夕方にこそ似つかわしい。
この時いただいたお酒はコチラ


■ゴーヤーみょうが

3 

スライスしたゴーヤー1~2分茹でてみょうがを和えるだけ。
ポン酢とかつお節をかける。
梅干を叩いてペーストにしたものでも旨い。
タッパーに入れて毎日食べています。
月島駅近くの立ち飲み屋「大島や」 で出されている必ず注文する一品。
■砂肝さっぱり漬け

4

砂肝を好きな大きさに切り茹でる。
出汁+三杯酢+生姜(千切り)の中に漬け込む。
万能ネギを上から散らすと見た目も味も良い。

今回は手抜きで茹でた砂肝を「味ぽん」に漬けただけ。
原了郭の黒七味でいただきます。

コチラのサイトに出ているエントリよりパクった。
まだまだ旨そうなレシピありそうなのだから更新して欲しいものです。

|

« 【幻想的な神輿 佃の住吉神社 例大祭 最終日】 | トップページ | 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 »

漢の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/23045315

この記事へのトラックバック一覧です: 【真夏の夜にぴったり! ゴーヤーみょうがと砂肝さっぱり漬け】:

« 【幻想的な神輿 佃の住吉神社 例大祭 最終日】 | トップページ | 【大分蒲江の名産品「ブリのあつめし」は鮮度が違う!】 »