« 【中華料理屋の名称は来来軒?いや生駒軒が大メジャーなのです!】 | トップページ | 【恵比寿のらーめんAFURI はデートにも使える無化調本格魚介スープ系!!】 »

2008年7月24日 (木)

【はんつ遠藤著作『無化調ラーメンMAP』出版記念パーティー】

ラーメンに関する著書、週刊誌のコラムなどの執筆のみならずテーマパークの監修、商品開発プロデュースなどを行っているフードジャーナリストのはんつ遠藤さん。

彼の12冊目の本、無化調ラーメンMAPが出版されました。

Top2

その出版記念パーティーが東京バルバリで行われお呼ばれいたしました。

Top

1

2

夏の醍醐味である枝豆、水茄子、万願寺唐辛
水茄子にはアンチョビペーストを付けていただきます。

3

岩牡蠣ワカサギのマリネ
隣のグループより「牡蠣苦手なんですよ~」と回ってまいりました。
「うれし~い!」と喜ぶいずへいさんと共にわしわしといただきました。

4 

まるで焼肉屋の肉盛り合わせのようなハム・ソーセージ類
様々な部位をいただきました。
ねっとりとした豚肉の脂身が旨い。

5

最上部はブルーチーズ(だけでは無いけど)、マッシュポテト、豚肉のリエットに揚げた玉ネギが加わったもの。
コレお酒(ワイン)が進むなあ。

6_2 

豚ロースロースト
肉の熟成具合もそうですが、凄い火の通り方。
生ハムを思わせるようです。

この他にもトリッパや鴨ロースト(夏野菜の付けあわせがたまらなかった)が登場しておりました。

7

画像左にあるのは豚ロースの付け合せ。
山芋のクリーム煮です。
しゃっきりとした山芋に濃厚なクリームの風味が合わさりとても面白くも旨い仕上がりに。
パスタはトコブシ
中央の黒いものはトコブシの肝です。
ああ、旨い!

8


デザート類もしっかりいただきました。





さて、無化調、化学調味料を使わないラーメン。

もちろんそれば全てでは無いし、無化調こそが全てのラーメン(料理)が追求するべく道では無いと思いますが、

食の安全はもとより食を取り巻く環境問題や対価としての評価問題などを考えるきっかけにもなりうる書物です。

いろいろ考えなければ。



むう、そのためにはお腹空かせて無化調ラーメン実態調査に行かなければいけません。





はんつ遠藤さん、お呼びいただきありがとうございました。

|

« 【中華料理屋の名称は来来軒?いや生駒軒が大メジャーなのです!】 | トップページ | 【恵比寿のらーめんAFURI はデートにも使える無化調本格魚介スープ系!!】 »

東京・丸の内・日本橋・茅場町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/22517567

この記事へのトラックバック一覧です: 【はんつ遠藤著作『無化調ラーメンMAP』出版記念パーティー】:

« 【中華料理屋の名称は来来軒?いや生駒軒が大メジャーなのです!】 | トップページ | 【恵比寿のらーめんAFURI はデートにも使える無化調本格魚介スープ系!!】 »