« 【手軽で美味しい三色丼 朝ご飯にはコレ!!】 | トップページ | 【あまりにも濃くも旨い水炊きの最高峰 新宿玄海】 »

2008年4月26日 (土)

【絶品ハラスは料亭の味!朝から酒が欲しくなる!】

鮭のハラス

皆様ご存知の脂が乗って大変美味しい鮭の部位です。
これは鮭の内臓回りの部分で、運動量が最も多く身も引き締まって脂がありマグロにおけるトロのような部位です。

何故にハラスと表記するのか?
川を遡上するときに川底に腹をするから…など諸説ありますが語源的には謎が多いようです。
漢字では地域によっては腹須と表記したりするところもあり、「腹の周りの肉」を意味するものなのでしょうけど…アイヌ語に由来するのかも。


さてそんなハラスをご近所の友人Akitoさんにいただいた。
おおおおおお、ありがとうございます。



早速朝食に。

1

ご飯に味噌汁、ごぼうを加えた肉味噌を乗せた豆腐にレタス(分かりにくいが中に塩もみキャベツ)辛しマヨネーズ添えを従えてハラスをメインにしてみた。

皮目を強火で焼き、身はふっくらと上手く仕上がったので一口食べてみると香りが立ち大変に旨し。
何でもとある料亭で出されるものなのだとか。

3

「ちょっと塩が強いのでわたしは鮭炒飯にした」
とはAkitoさん。

そ、それ食べさせてください!


いやあこれは旨いですよ。
友人む~とん♪さんに連れて行っていただき牛込神楽坂のつず久で食べた、越後村上の塩引き鮭と同様の衝撃な旨さです。

2

鮭の皮はコラーゲンたっぷりです。
ちょっとだけ焦げた部分がたまらない。

結構量をいただいたのにも関わらずこいつはあっと言う間に無くなりそうです。
けちって1本だけ焼いたのだけど明日の朝から毎日いただく予定だから。
しかも2本以上は確実ですね。

|

« 【手軽で美味しい三色丼 朝ご飯にはコレ!!】 | トップページ | 【あまりにも濃くも旨い水炊きの最高峰 新宿玄海】 »

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
突然お邪魔します。
私は1943年生、出生地門前仲町黒船橋そば、現在千葉県銚子市にて魚屋を営んでおります、美味しそうな写真ですので毎日お邪魔させて頂きます。
              敬具

投稿: マルハラフーズ | 2008年4月28日 (月) 09時29分

こんにちは。ハラスという名前、知りませんでした。
素晴らしく美味しそうですね!
こちらの寿司バーで、鮭のお腹の部分で脂がのってているところを、炙って少し焦げ目をつけた握り寿司を食べた事があります。ものすごく美味しかったのですが、今思えばあれがハラスというものだったのでしょうか・・・

投稿: yamageige | 2008年4月29日 (火) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/20572266

この記事へのトラックバック一覧です: 【絶品ハラスは料亭の味!朝から酒が欲しくなる!】:

« 【手軽で美味しい三色丼 朝ご飯にはコレ!!】 | トップページ | 【あまりにも濃くも旨い水炊きの最高峰 新宿玄海】 »