« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

【絶品!かさごの干物で食らいし朝ご飯は至福也】

月島の焼き魚が旨い定食屋、めし屋でたっぷりと魚を堪能したのですが男2人でもかさごの干物を食べきることは出来なかった。

こんなに美味しいものを持ち帰らない手は無い。


翌朝は炊き立てのご飯とともにいただいた。

1_1

2


大根の塩もみ(昆布を必ず入れます)、もやしナムル(茹でてすり下ろしニンニク、ゴマ油、塩)、なめこの味噌汁、ご飯(麦入り)

電子レンジがあまり好きでは無いので冷えたものをそのままいただいたが、これがまた旨し。
身離れが良くあっと言う間に骨だけとなってしまった。
上品な塩っ気と脂分がご飯をいくらでもお腹(メタボだなあ)に入れてくれるのが嬉しいやら悲しいやら。
これだけ旨い干物はそうそう手に入れるのは難しいけど、旨い朝飯のためにも探したいと思う。
そう毎回めし屋で飲んで食べてテイクアウトする訳にはいかないのだ。





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

【絶品干物が旨し店 月島めし屋】

旧友である日本橋の鉄鋼王I田より「飯でも食おう」と連絡あり。
じゃあ月島に来いよ、気になる店があるから。

気になるお店とは住吉神社や佃煮屋が並ぶ由緒ある佃は一丁目。
星時計と言うちょいとメルヘンな名前のダイニング。
何度かお酒は飲んだことはあるもののきちんとした肴は未食。

閉店の看板が…
ああ今日は早仕舞いなんですね。

それならと「大島や」「魚仁」「味泉」の選択もあったけどもう少し気軽な店はないか?
選択した店はめし屋。

誤解を招く店名ですね。
めし屋が正式名称なんです。

1

明るく清潔な店内は様々な干物が一杯。
元々干物屋の倉庫だったそうで、それらを肴にして酒を飲むのもよし定食にするのもよしです。

2_3

4

5

いくらのしょう油漬けやイカにゴマをたっぷり和えたもの。
身がふっくらしたかさごの干物は感動もの。

いやあ旨いねえ。
いいだろ?昼もいいぞ。
ん?飯食いたい?ああ、食ってくれよ。

6

またずいぶんと大きい鮭だね。
何だよ?何するんだよ!やだね、この人皮をはいでいますよ、鮭はね皮が一番旨いんですよ。

アタシがね食べるからよこしなさいっての。

7

ぱりぱりの皮の裏側にしっとりと付いた鮭の脂がたまらなく旨し。
お酒もう1本頼んでおこうか。

8

ご近所ブロガーワシブロさんのエントリめし屋(月島)の『昼飲み』にあった言葉

魚仁さんは刺身の店

めし屋さんは焼きの店

名言!
月島のおススメがまた一つ増えました。
ただし21時閉店なのでかなり気合を入れないと行けない店でもあります。




中央区月島1-5-7 地図はコチラ
03-3534-8686

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年2月24日 (日)

【カンタン!あっと言う間に作れます!明太子スパゲッティ】

ミートソースとかナポリタン以外のスパゲッティが存在するのを知ったのはいつ頃だったか?

母親が作るミートソースにはニンジン、セロリのみじん切りが入っており子供心に「どうもウチのは他で食べるのとは違う…野菜を食べさせようとする親心なんだな」と思っておりました。
大人になり本格的なミートソース、ボロネーゼにはそれらの野菜を使用すると知り大いに驚いたものです。
まあ野菜を食べさせようとしていたのでしょうけど。

70年代のスパゲッティ事情はと言いますとボンゴレとかカルボナーラやたまに魚介類が入ったやつがあったぐらいかと記憶しています。





【明太子スパゲッティ】

1.ボールに明太子の中身とバター(マーガリンでも可)をボールに適当に入れ練り合わせておく。

2.スパゲッティ(パスタは太い方が旨いと思う。今回は1.9ミリ)を塩を入れたたっぷりの湯で茹でる。

3.茹で上がったらすかさず1と混ぜる。
 この時期ボールは冷えやすいので湯煎しておくと完璧。
 ごく少量の粉わさびを入れると旨し。

4.海苔を細く切り上からかける。

1


湯気であっという間に海苔がしなしなに。
熱々の証拠ですかね。
とにかく出来立てのものを一気にいただきたい。
バターと明太子の塩っ気が食欲を増進させます。
日本蕎麦は蕎麦自身を食べさせるけどパスタのたぐいはソースの味で食べさせる。
何てことを言いますけどやはり麺の旨さを味わうのはどんな料理でも一緒。
パスタそのものが旨くないとどんなソースでも旨くないです。


フォークにがんがん巻きつけて大口開けていただきます。
旨し。
 
ニンニクだけのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノだとちょっと寂しいし単調だ。
朝ナポもいいのだけどもう少しだけ和の味が欲しい!なんて時に明太子スパはおススメ!
味噌汁もそうだけど夕べのおかずの残りにも相性が良い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

【月島の至宝魚仁でマグロを食べつくせ!】

問答無用天下御免の居酒屋とは月島の魚仁(うおじん)だ!!

マグロで全てを忘れさせて!
何てオーダーにも答えることの出来るお店として有名であります。
早速行ってみましょうか。

■大間産マグロかま焼き
■刺身盛り合わせ ウニもつけてみた。
■モツ煮込み

1

2

3

4

今夜も活気溢れております。


■レバニラ炒め
■サザエのつぼ焼き
■イカサトイモ煮

5

6

7

8

何故か煮玉子も注文。
肴としてありですね(要酔)
女性陣より温かいものをとのオーダーがありレバー、サトイモを注文。

■えのきバター炒め

9

やまつ辻田の極上七味
 茨城産のビロード胡麻と呼ばれる白ゴマなど風味豊かで旨いものでした。
 皆で奪い合うように使用。
 参加者である沙樹さん持込。コクがあるしょう油も持って来ていただきました。

10



■ご存知魚仁の寿司

11





つわものどもが夢の跡

12

完食いたしました。
どんなにお酒を飲んだとしても1人4千円を超えるのはまれです。
ここでは酒の種類が貧相だとかサービスに難ありだとかは無粋ってもんです。
当店では全てトレードオフにて味と価格に転嫁しております。(想像)



全く5つ星の旨さ!と思っていたら

13


看板に既に星が





魚仁 (うおじん) 
中央区月島3-12-5  場所はコチラ
03-3532-6601

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2008年2月17日 (日)

【幸せなる郷土の味を白金高輪で食す!福わうち】

前から行ってみたかったお店。
都営三田線、白金高輪はなかなか行くチャンスの無い駅。
地上に出て数分で店に着くも風は冷たく容赦なく体温を奪って行く。

がらりと戸を開けると作務衣姿の店員
しかも坊主頭だ。
ん?なんかお寺で精進料理でも味わうような雰囲気
暗くは無いけれど落ち着いた照明の店内はカウンターとお座敷合わせても20名以上は少々難しそうなキャパ。

あのう沙樹さんで予約入っていると思うのですけど。
友人の名前を告げるとにっこりと
「はい、お待ちしておりましたこちらへどうぞ」

暖かい店内でほっと一息付けているとほどなくメンバーも集まり待望の宴が始まった。



■唐揚げ

1

えーとクエの内臓(胃)はコリコリとした食感と旨みがたまらなく一杯目のビールが進む進む。


■ウニ、青海苔の寿司

2

酢飯の上にウニと青海苔が乗っております。
一口でいただける大きさなのだけど大変清冽な味です。
味付けはほとんどしていないのではないでしょうか?ウニの塩気で食べさせます。


■クエ白子揚げ 吸い物仕立て

3

もっちりとした白子の食感とこれまた清らかな出汁が堪らぬお味。
えーとお酒ください。お酒!


■ゴマ鯖

4

長崎・五島列島のサバを炒りゴマ、ワサビ、ワケギで和えたもの。
しょう油で味付けされているようですが幾分甘みが強いものを使用しているのでしょうか?
出てきた時、食べた時も一同から歓声が上がった一品。


■パリパリおから

5_2

椎茸、にんじん、昆布が入っていて…んを?天かすが入っている?
さくりとした食感と油分がコクを増す役目もしており旨し。 これやってみよう。


■刺身盛り合わせ

6

写真手前の九州の寒ブリは塩で締めており熟成された香りがまるで軽やかな味噌とか燻製を思わせます。
奥にあるのはアカムツの皮目を焼いたもの。
これも皮が香ばしいし弾力ある食感と相まってなかなか野趣あふれます。


■茶碗蒸し

7

確かふぐが潜んでいたような記憶が…
熱々のを食べていると喉が要求した「ビールください!」


■野菜の炊き合わせ

8

うわっ!これは何?
これまた身体がきれいになるような味に驚嘆の声があがります。
野菜が甘くコクがあります。
毎日丼一杯食べていたら半年で身体の毒素が消えて行くことでしょう。


■鯖カレー

9

多そうに見えますけど奥に見える木のスプーンで3口程度。
青魚特有の臭みなんかは一切無し。
野菜の甘みとカレーのスパイスによって鯖の旨みだけが伝わります。


■西京焼き

10

鰆じゃないな…えぼダイ…いやイサキでもなくて…白身なのだけど脂が乗っておりまさに今の時期に最高の味。
焼魚で最後ですよね?


■クエのしゃぶしゃぶ

12

九州ではアラとも称されているクエのしゃぶしゃぶです。
この丁寧な切り方の白菜に注目です。

11
均等に切ることにより火の通り方を同じにするのとあまり高熱にしなくてもいいようにしています。
クエの皮目から火を通してほんの2、3回ほどしゃぶしゃぶとしてやると…
!!!!!


■雑炊

13

14

旨みは余すことなく全ていただきましょう。
アクなんか出ません!旨みだけです旨みだけ!!


■デザート

15

ビールも日本酒も焼酎もこれでもかっ!と言うぐらい飲みましけど1万円ほどなのは、常連さんと一緒と言うこともあるでしょうけど目茶苦茶安いです。
お酒をそう召し上がらない方でしたら6千円からのおまかせでお腹一杯幸せ一杯になることでしょう。

坊主頭で巨躯の店主三宮昌幸さんの楽しいお話も素晴らしき夜でありました。

ここはひさびさの大勝負店に認定です!

16

福わうち
港区白金1‐28‐2サーラ白金1F  場所はコチラ
03-5739-0264
日曜定休

要予約です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年2月15日 (金)

【千石でお疲れ様とカキ鍋をいただく!磯料理・大衆割烹 互縁】

まるで田舎の家に来たかのような雰囲気!

なんて描写が似合う魚料理の旨し店です。
釣り好きである主人の趣味か魚の剥製が飾られている店内はコの字カウンターと15、6人は入れそうなお座敷。
味わいあるテーブルと壁からホースでつなぐガスコンロが郷愁を誘います。

いろいろとひと段落したので鍋で一息入れよう。

1

カキ鍋を注文したらこの量!
かなり甘めの味付けですがこれは味噌なのか?出汁なのか?

2

「カキは生でも食べられますからね」

優しそうなご主人の言葉に慌てて火加減を弱め器にカキを取る。

3

おお、旨し。
ごきゅごきゅごきゅ~とビールを飲みまたひとつカキを。
甘めの味付けが旨し。
海の旨みを凝縮したカキは寒いこの時期だからいいんだよなあ。
これには熱燗でしょ!ときゅーっと飲めば身体の内側から幸せが滲みます。

「締めはご飯にします?うどんにします?」

もう夜遅いし消化の良いうどんにしよう。

4

ずずーーーっ、ずーーー!
煮詰まり気味なカキ鍋の汁がうどんの表面にからむ。
ずずーーーっ、ず、ずずっーーー!

はあ、旨かった。
お茶ください。



お茶と一緒に出てきたのがコレ

5

あああ…かたじけない。

お世辞にもきれいとは言えない店内と店構えが、文字通り田舎の家に来たかのような気分にさせてくれます。



6

互縁
東京都文京区千石4丁目41-2  場所はコチラ
03-3944-5019


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

【呆れかえるほど旨い魚が食べたい!新橋魚金2号店】

冬は魚が旨い。
身には脂が乗りしまっており旨み成分が濃厚です。

では夏場はそうでもないのか?
いやいや
アジにイカ、穴子にイワシが旨し。スズキの洗いなんかも夏の味。

日本には四季がありそれぞれ旬の旨みがあるってもんです。
でも冬場の旨さはまた格別です。
新橋にある魚金2号店で魚を食べようではないですか。



■お刺身六点盛り合わせ

1_2

イワシ、鯖などの青魚が特に脂が乗りまくっております。


■銀ムツ煮

2_1
正確に言いますと「メロ」或いは「マジェランアイナメ」ですね。
南米の高緯度地域から南極にかけての深海におりチリ産のものが有名。
冷たい海に生息しているためたっぷりと脂が乗っており身は透き通るように白く、やわらかくとろけるような食感が大人気。
もう無言で食べましたよ。
そうそう「ご飯持って来い!」と叫んでいるのもいましたっけ。


■青海苔豆腐

3
絹ごし豆腐を薄い出汁と青海苔で煮込んだもの。
青海苔から出る塩気と旨みが豆腐を一つ上の次元に運んでくれる。
出汁はもしかしたら使用していないかもしれない。


■ちゃんぽん

4
麺が食べたくなり注文。
もちろん海鮮類のイカ、タコがふんだんに使用されており濃厚な味が大満足。
なるとが入っておりますけど最近ラーメンに付いていないですね。

5

年中無休も凄いですけど常に満席なのもこれまた凄いこと。
予約必須です。


何か変わったものが食べたいなあ。

■イカ墨チャーハン

6_1

ニンニクと鷹の爪が効いております。
イカ墨特有の香りが飛んでしまっているのがちょっと残念だけどこれならイカ墨嫌いにもおススメ。

6_2

かなりの量のタコ。
まさかタコ墨では…
沖縄の居酒屋にはよくありますね。


■五色納豆

7

納豆、イカ、マグロ、卵、ネギだから五色納豆。
充分に攪拌したものを一口分ずつ取り分けていただいた。
これがまたワインに合うのだから嬉しい。


■ほたて石鍋ご飯

8
酒宴の〆にはご飯だろうが!
とさらに炭水化物を注文。
ちりちりと釜に焦げ付いた部分が旨し。
こんなに食べられるかよ…って余裕で食べてしまいました。




活気ある街、新橋で驚くほどに新鮮な魚を食べる。
格安だしきびきびとした対応の店員もいい。
特にここ魚金2号店は店長の力量が大きいと思う。

良き友人と語らい飲み旨し魚を食べる。
この世の極楽ここにあり。

9

10

うーん、男ばっかりだったのでその手の話題ばかりになるのも愉しき哉。



魚金2号店
東京都港区新橋3-8-6 大新ビル1F
場所はコチラ
03-3431-6662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

【東京には空がない。月島にはカフェがない。】

所々に素晴らしき居酒屋がある月島。
ファーストフードはマクドナルドとモスバーガー。
ファミリーレストランはジョナサン。
スペイン料理はスペインクラブ。
フレンチとイタリアンは無いか。
路麺は佃に津久田。
Barはそこそこありますね。

カフェは?
うーん、ドトール無いしなあ。
喫茶店は何軒かあるけどスイーツ(笑)なカフェはどうだろ?
ムーンアイランドタワーの地下にcafe normeがあるぐらいか。

ちょっとしたランチをいただける落ち着けるカフェは無いものかと思っていたらありました!
友人の月島仮面さんおススメ。
月島カフェ

2

お店の前のスペースはドッグカフェにもなっていますね。
天井が高いですね。
おお、結構本格的なミキサーあるし、奥のほうにはターンテーブルを設置するには最適なテーブルがありますよ。
もしかしたらクラブイベント出来るのか?

1

ランチにいただいたのは牛筋カレー。
ん?かなり旨しです。
サラダとコーヒーがついて850円(確か)は嬉しいですね。

調べてみると運営会社は株式会社ディスクベリー・ドット・コム
サイトを見てみますと…おお、みうらじゅんと安斎肇のユニットやらスタジオ、イベントスペースをやられている法人ですね。

こちらにはとある生姜焼きな方と密会しておりました。

場所はちょっと駅から離れているコチラあたり。
勝どきからでも歩けます。


月島カフェ
中央区月島3-24-8
03-3532-3171



もう一杯コーヒーでも、と魚仁の2つ右隣にある喫茶ライフに。

2_2

2_1

あーーー昭和な喫茶店ですね。
きびきびとした接客良いですねえ。
いやあ魚仁と言う素晴らしきお店がありましてね、何て話していたらいるよ!隅にいましたよ。


魚仁の親父が!!


おお、常連中の常連のみが許される勝手口から帰って行きました。

場所は魚仁のすぐそばのコチラ

もんじゃが流行るのは結構なのですけどもう少し他のジャンルのお店があるとにぎわうもの。



ドトールかエクセルシオールさん出店計画立てませんか?



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

【月島の絶品居酒屋!魚仁の寿司大研究】

「月島で何か旨いものを」と聞かれたらもんじゃもいいけど迷わず魚仁を紹介します。

その魚仁に数あるメニューの中で当サイト一押しのものがあります。

魚仁の寿司です。



過去エントリ
【旨いなんてレベルじゃない!月島の魚料理 魚仁】ベストバウト2007
【秋の魚仁寿司】秋刀魚とマグロ脂がもう!
【理を料る 月島魚仁の寿司】

エントリにはありませんが4年ほど前にテイクアウトし自宅で撮影した画像がありますのでご紹介いたします。


魚仁の寿司

1

マグロ5カン、ヒラマサ3カン
マグロは筋が多く見えるけど食べてみると中トロ以上の脂が乗っています。
これで千円。


形状

2

おはぎみたいですね。
でも味は最高に旨しです。
前述しましたが筋が全く気にならないです。


大きさ

3

かなり旧式の携帯電話ですね。(4年前だから)
それと比較するのが一番分かりやすいと思い並べてみました。
寿司をつまむ、なんて言葉がありますけどこれではつかむですね。


裏側

5

料理は時を移さずに食え!

何て申しまして例えテイクアウトであろうとすぐに食べるのが礼儀ではありますが、湧き上がる好奇心を押さえ切れませんでした。

ひっくり返したから割れたのでは無くて既にこの状態でした。
シャリがどうのネタの切り方がどうのと突っ込み所満載ではありますが、味は最高に旨いのですよ。



当ブログで何度もご紹介しておりますが魚仁の寿司と言う食べ物であって、決して寿司屋さんの寿司の模倣品ではありません。
魚仁に行きましたら必ず頼みたい一品。
必ずや満足できる最高のものです。



魚仁 (うおじん) 
中央区月島3-12-5  場所はコチラ
03-3532-6601

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2008年2月 4日 (月)

【群馬県上毛高原にある秘湯の一軒宿で命の洗濯に】法師温泉での朝食と昼食

上越新幹線上毛高原駅からバスに乗り1時間。
回りには何も無い一軒宿である法師温泉。

朝食は旅立ちの儀式。
これから自分の身に何かあるのか分からないし昼食が定刻通りに食べられるも怪しい。
旅館の朝食はそんなことを考えつつきちんといただきたい。
旅行は非日常の世界ですからね。

1
鱈の味噌漬け
温泉玉子
山菜(ワラビ)のお浸し
サラダ(アスパラガス入りは最近食べてなかったな)
お新香
海苔
味噌汁代わりの野菜小鍋
ご飯

旅館の朝食が何より好きなのでこうした献立は嬉しい。
朝早く起きて温泉に浸かり体も温まりお腹も空いているのでご飯は当然お代わり。
こりゃビールとお酒だ!
いやこの後にもぐったりと温泉入るからやめておこう。


低温(40度以下)の湯にゆったりと。
昼食は炊き込みご飯かきのこ蕎麦のどちらかしか選べない。
夜も朝も素晴らしい法師温泉長寿館だけどこの昼食だけはどうにも…

2

相変わらず量が多いね。
熱々なのは嬉しいのだけど肝心の味が…
蕎麦っ食いの私ですよ、これがもうちょい旨ければなあ…

3

を!?あれれ?昨年よりは旨しだ!
蕎麦はまあ…あれだし、汁もそんなに特長ないけど食べられますね。
七味をちょいとかけまして。
熱々の蕎麦に地のきのこがからんで旨い。

ここではビールをいただきます。
ゴキュゴキュゴキュ~と飲めば温泉と相まって身体が開放されるかの気分。

7

4

大いに食べ飲み温泉に浸かりゆっくりと眠る。
命の洗濯するには日常から離れ余計な邪魔が入らないことが重要。
ここは携帯がつながりづらいので条件的にも最高です。
さてと来年のためにも世俗の垢でもまたためますか。
群馬県利根郡みなかみ町法師温泉 長寿館
0278-66-0005
法師温泉の場所はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

【残り物で作るパスタ】塩焼きそばに敬意を表して

炊き込みご飯の具材が余っている。
焼きそば作ろうとも思ったのだけど安売りで大量に購入したマ・マーの1.9ミリがある。
中華風にあんかけにするのはどうだろうか?


1.ニンジン、竹の子(水煮)、ニンニク、鶏肉

1

鶏肉は国産品のそこそこのもの。旨い鶏肉だと少量でも満足度があるのです。
2.前の晩に茹でて冷蔵庫で保存しておいたスパゲッティ。

2

ナポリタンを旨く作るには茹で置きが一番なのでそれに習った。
今回はナポじゃないですけどね。


3.竹本油脂の太白ごま油で炒める。

3

一本一本に油のコーティングをするのだ。ちょっとこげた部分があるのもまた趣向也。


4.ニンニクを低温で炒めて香りを出したら鶏肉、ニンジンを入れる。
ある程度火が通ったら竹の子を入れて塩コショウ、少量の出汁(昆布、鰹)を入れる。
水溶き片栗粉で少しとろみを付ければ完成。

4

見た目は…
緑のもの例えばピーマンでも入ると完璧に中華ですね。
竹の子の太さにニンジン合わせたつもりだったのですけどニンジン太いなこりゃ。
塩味でシンプルな具の旨さと茹でて一晩置いたとしても腰があるスパゲッティが良く合います。
和風な味付けだから木の芽を乗せたら…いやそれは止めておこう。

Spa

こちらは普通に作ったトマトソースのパスタ。
揚げ物が見えますがこれは月島名物レバフライを乗せたもの。
トマトソースとは全く合わないですね。
レバフライはソースで食べ、シンプルなトマトソースのパスタにすれば良かったと反省。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »