« 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! | トップページ | 【大久保の感激的韓国料理屋 土地】 »

2007年12月28日 (金)

【イングリッシュ・ブレックファスト】English Breakfastとはこれらのこと

戦う漢の最も大切な食事である朝食

ホテルではイングリッシュ・ブレックファストとコンチネンタル・ブレックファストの2種類ありますね。
後者の方はコーヒー、紅茶などの飲み物にスコーンだとかパンが軽くでる程度です。

これは何故か?

フランスに代表されるような国では、夕食に
ワインなどのお酒と共にゆっくりたっぷりと食べるため
に朝は軽くしておこうとそのようになったそうです。
ああ、なるほど。
夜ガツーンと食べておけば朝は軽くて済みますね。(ちょいと体に悪い気もするが)

それに対してイングリッシュ・ブレックファストは豪勢です。

今朝はそいつを作ってみました。

1

■スクランブルエッグ
 →オムレツにしようと思ったのだけど途中から失敗し変更。
■ベーコン
 →安物は風味がなあ…
■トマト
 →何故かソテーしてあるんですよね。
■マッシュルーム
 →何であるのだろう?ホテルで食べるものはもっと大きい種類。
■ニンジンサラダ
 →ニンジンとレーズンを富士酢と太白ごま油で和えたもの。
■ほうれん草ソテー
 →好きなんです。しょう油をちょっとたらして酒の肴にすることも。


見た目はひどいけど味はまあこんなもんでしょ。パンとコーヒーを加えて満足。
でもこれが毎日だと飽きますなあ。

|

« 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! | トップページ | 【大久保の感激的韓国料理屋 土地】 »

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はい、朝ごはんネタに反応する私です♪
うまそうなメニューですね~。ふだん和食かB級飯
ばかりなので、こういった正統派の洋風ごはんには
激しくひきよせられます・・・☆
ニンジンサラダの細かい仕事ぶりも素敵です。

ともあれ「朝は豪勢に」、大賛成です!
それに予算から考えても、夜の「豪勢」よりも
朝の「豪勢」のほうが、だいたいずっと安くついて
しかも満足度が大きいことを経験から学びました(笑)

投稿: つきじろう | 2007年12月29日 (土) 12時04分

>満足度が大きい

さすが!!
そうなんですよ。
夜は大体飲んだくれていますので、「朝早く起きるご褒美」としても重要ですよね。

投稿: 佃の旦那 | 2007年12月29日 (土) 12時13分

日本の朝飯最高です。

しかしこの英国式朝飯も最高に愛してます。

特に休日の朝なんかゆっくりたらゆくなんてたまりません。

投稿: | 2010年5月27日 (木) 10時58分

最近休日は意識して早起きしています。
そして一生懸命朝ご飯作っています。
たまにこうした英国式もいいものです。

投稿: 佃の旦那 | 2010年5月27日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/9610531

この記事へのトラックバック一覧です: 【イングリッシュ・ブレックファスト】English Breakfastとはこれらのこと:

« 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! | トップページ | 【大久保の感激的韓国料理屋 土地】 »