« 【新橋で旨い魚を食べるなら】魚金2号店 | トップページ | 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! »

2007年12月27日 (木)

【旨いなんてレベルじゃない!月島の魚料理 魚仁】ベストバウト2007

月島の大通りに面している驚愕魚料理店である魚仁(うおじん)

昭和46年創業の魚屋だったのだが数年前に悲願の魚料理店を開いた。
当初は工事現場によくある青い養生シートが屋根代わりの屋台…と言うよりは掘立小屋でした。

魚が新鮮で量も多く安くて旨い!
と今では開店から閉店まで満席です。

出来た当初から好きで通っておりますが特筆するべきは、寿司。
おはぎの様な大きさの時もあれば妙に小さい時もある。
寿司飯にいたっては食べる部位によって酢の効きかたが違うと言う有様。
口の中でぱらりと崩れるのが良い寿司ならここのはつまむ前から崩壊寸前。

だけど

旨いのだ!おおおおおおおおうめえ~
ネタはどれも新鮮トロットロッ!
寿司としての完成度は…いや、魚仁の寿司と言うべき食べものなのです。




魚仁の寿司2007ベストバウト

■マグロ、ホタテ、鯛
1
2 
マグロは大トロ。陳腐な表現ですが確かに口の中でとろけます。


■マグロ、秋刀魚
3
4
秋刀魚がアジになったりイワシになったりする時もあります。
握りが「握り」にきちんと見えますね。
マグロは画像では薄そうですけどしっかりとした食べ応えありました。


■マグロ、ブリ、シャコ、あん肝
5 
冬はブリが旨いなあ。
惜しみも無く大きく切られています。
あん肝?

6
むむう、シャリの上に鎮座しているそれは…あん肝の味ですね。
寿司にはしない方が…


■マグロ、ホタテ、タコ
7
出てきた瞬間に吹き出してしまった今年度のベストバウト!
握りがゆるくてお皿に置いた瞬間に崩れたのでは無く、そもそも握っている時からその状態であったと推察されます。
…いやあああ凄い画像です。
8
ところがネタが良いものだから旨いのです。
トロントロンのマグロにホタテ、素晴らしい食べ応えがあったタコ。
箸でつまむのは…至難の技でありました。


今年も何回魚仁に行ったことでしょう。
切る、煮る、焼く、炒める!
シンプルです、ひたすらシンプルに魚を食べさせてくれる魚仁は人によっては評価が低いかもしれない。
料理、接客、座席など突っ込み所は満載だ。
しかし…毎日大勢の人々が集いニコニコしながら食べているのは魚仁が大好きだから。
もちろんワタクシも大好きです。愛しています。



2008年も美味しい魚仁の寿司を食べに行きます。
ご一緒しませんか?




魚仁 (うおじん) 
中央区月島3-12-5  コチラ
03-3532-6601


|

« 【新橋で旨い魚を食べるなら】魚金2号店 | トップページ | 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! »

月島」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/9591859

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨いなんてレベルじゃない!月島の魚料理 魚仁】ベストバウト2007:

« 【新橋で旨い魚を食べるなら】魚金2号店 | トップページ | 【スパゲッティナポリタンは横浜産まれ】気合を入れて作ってみた! »