« 【カンタン!いくら丼レシピ】ほぐす、漬ける、乗せるだけ! | トップページ | 【築地の新店】すしざんまいが魚屋に! »

2007年11月20日 (火)

【氷見~高岡~富山きときとグルメツアー】ブリは元気か?刺身はどうだ?

さてメインの宿での食事です。

氷見付近は大陸棚が5km沖合まで発達しており、浅い海が広がっている。そのため、氷見沖合では天正年間(安土桃山時代)より定置網漁法が発達したとのこと。

中でもブリが有名。
どんなブリが食べられるのだろう?

2
3
4
5
6

ああ、旨い。
どれも凝った料理では無いのですけど素材の新鮮さが際立ちます。



ただ



ブリには未だ成長しておらず関東の言い方でワラサ(地元ではフクラギ~ガンドウ)クラスだったのが残念と言えば残念。
12月下旬ぐらいからブリになるようです。

・35 cm 以下のものを、関東でワカシ、関西ではツバス、ヤズ、北陸ではツバイソ
・35~60 cm のものを、関東でイナダ、関西ではハマチ(?)、北陸では、フクラギ
・60~80 cm のものを、関東でワラサ、関西ではメジロ、北陸ではガンド(ガンドブリ)
・80 cm 以上のものをブリと呼ぶ。


さすがに旨かったのはご飯。
「ここのご飯は凄く美味しいですよたくさん食べてくださいね」とは給仕に来た仲居さん。
つやつやで甘みと旨みたっぷりでした。




翌日は氷見フィッシャーマンズワーフ「海鮮館」に。

1
1_2
2_2
3_2
イシダイが売られているのだがポピュラーに食べられているのだろうか?

5_2
6_2
あまりカニには興味が無いのでふ~んと一瞥。


7

こいつも初めてみた。

8

まあ観光施設だからまあこんなもの。


マグロの類がほとんど無かったのは北陸らしい。


氷見市内をぶらりと散歩し、いよいよ今回のグルメツアー最大の目的地へと急いだ。

|

« 【カンタン!いくら丼レシピ】ほぐす、漬ける、乗せるだけ! | トップページ | 【築地の新店】すしざんまいが魚屋に! »

富山」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/9023415

この記事へのトラックバック一覧です: 【氷見~高岡~富山きときとグルメツアー】ブリは元気か?刺身はどうだ?:

« 【カンタン!いくら丼レシピ】ほぐす、漬ける、乗せるだけ! | トップページ | 【築地の新店】すしざんまいが魚屋に! »