« 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた | トップページ | 【六本木スワガットの激旨ランチ】夏真っ盛り!カリーが旨し! »

2007年8月 6日 (月)

【真夏の味覚 宮崎冷や汁】小躍りするほど旨しもの

食欲が落ち気味な真夏によくいただくものとして

冷たい麺類、沖縄料理(タコライスとかゴーヤーチャンプルーとか)があるけど宮崎の冷や汁もよく食卓に登場する。


wikiによると 
冷たい味噌汁を冷ました麦飯にかけて食べる料理で宮崎の郷土料理として有名。
九州各地、四国、山形にも同様のものがある。

味噌汁は魚を焼いたものを胡麻と味噌でよくすり潰し、野菜や豆腐を入れて完成だ。



そもそもは漁師が船上で食べた料理が元と言われています。

獲れたての魚を刺身にし味噌を加え氷と水で混ぜ合わせたものをご飯にかける。
慌しい中食事を美味しく食べる料理として始まったのだ。




新宿に行く用事が出来どうせならと新宿宮崎館に寄った。
JR新宿駅南口にあるアンテナショップだ。

軽食コーナーではチキン南蛮定食が550円でいただけるなど人気スポットとして有名。


を!?
冷や汁味噌?
「冷たい水で溶いて好きな野菜入れれば冷や汁が簡単に出来ますよ」


おおお、一袋380円はお得感あるなあ。
何人前?


「4人分はたっぷり食べられますよ」


買った!!





1

冷や汁味噌にキュウリ、胡麻、手でちぎった豆腐を加えた。

何度も自作してみたけどああ、これはこちらの方が旨いなあ。

魚の出汁が良く効いています。



3
鰆の味噌漬け、海苔を中心に巻いた玉子焼き、きんぴら、塩辛、もずくを用意。

ひさびさに豪華な朝食となった。


月曜日は週の始まりだ。

気合を入れなければ。




食後には冷たい水にはちみつ入り紅芋酢を入れたものをぐいっと一杯。
2

|

« 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた | トップページ | 【六本木スワガットの激旨ランチ】夏真っ盛り!カリーが旨し! »

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/7431892

この記事へのトラックバック一覧です: 【真夏の味覚 宮崎冷や汁】小躍りするほど旨しもの:

» ゆとりの時間広げたい [亀田 の日記]
なんだかのどかでいいですね。 そろそろいい茶器で器でお茶したいですね [続きを読む]

受信: 2007年8月 6日 (月) 16時45分

« 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた | トップページ | 【六本木スワガットの激旨ランチ】夏真っ盛り!カリーが旨し! »