« 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! | トップページ | 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた »

2007年8月 3日 (金)

【蕎麦春秋】蕎麦専門誌は楽しい

蕎麦春秋と言う季刊誌がある。

1


「蕎麦職人の生き方、仕事ぶりの、微細な部分を掘り下げて、 職人精神を共有しながら、蕎麦愛好家のための、 強い志を反映する雑誌づくりを目指します。」とある。


「東京人」とか「散歩の達人」とか好きな人がターゲットだろうか。

最近だと「荷風」とかね。

グルメだけではなく蕎麦を取り巻く環境、歴史が語られているから楽しいのだ。









友人である凄腕フードコーディネーターのいずへいさんが執筆されているのだ。
いずへいさんのblog いずへいのうまいもん日記 http://www.b-shoku.jp/weblog/myblog/2484





さてどれを執筆しているのかな?


2
おおう、しばらくお会いしていないうちに随分と人相が…

あ、違った!お約束







3
いずへいさんの美しいお顔と文章を読みたい方は本屋でどうぞ。
「手打ち蕎麦美舟」について書いてらっしゃいます。

コンビニにも置いてあります。



■蕎麦春秋
リベラルタイム出版社 500円

|

« 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! | トップページ | 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【蕎麦春秋】蕎麦専門誌は楽しい:

« 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! | トップページ | 【富士酢プレミアムを味わう 第1弾】敢えて同系の味に合わせてみた »