« 【東京バルバリ屋形船ツアー】隅田川花火大会を見つつ | トップページ | 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! »

2007年8月 1日 (水)

【晴海トリトンのぽっぽっ屋】濃厚豚骨しょう油スープのラーメンが食べたくて

ラーメン二郎と称する食べ物がある。

ラーメンでは無くラーメン二郎と言うジャンルなのである。


濃厚な醤油豚骨スープは脂分が多くてらてらをした光沢を放ち、材料は、豚の背脂、野菜で、強く煮出しているため白濁している。

その濃厚スープに合わせた太麺は店によって違うのかもしれないがぼそぼそした感触だ。






この二郎に魅せられた人のことをジロリアンと称する。


そんなジロリアンにお会いした。生ジロリアンだ!

東京バルバリ屋形船ツアーで同席させていただいたジャポ二郎と言うサイトを主催されている有名bloggerくにさんである。






ジャポネやら名古屋のあんかけスパからイタリアン(新潟の)なら、長岡フレンドを忘れてはいけない!!

などの話で大層盛り上がったためラーメン二郎のことはあまり出なかったのだが、血中二郎濃度がにわかに上昇しているのが分かった。


分かったのだが     実は二郎は未食な食べ物。



家から一番近い二郎は…二郎系と呼ばれているぽっぽっ屋(発音は、ぽっぽや)晴海店にくにさんと会った翌日に行くことにした。

血中濃度上がっているからね。



1

濃厚なつけダレに極太麺を浸して食べる。

もちもちと言うよりごわごわした麺は一度茹でてから水で締めたもの。
茹で上げを楽しむ熱盛りも可能。


んん~ちょいと塩味が効き過ぎているかな?
自分があまり濃厚な味になれていないからなのか?

キャベツにもやし、がっつりと入ったチャーシュー。




結構な量だと思うけどこれでもジロリアンに言わせると量がおとなしすぎるのだとか。






いつの日か本物の二郎に行きたいものだ。

|

« 【東京バルバリ屋形船ツアー】隅田川花火大会を見つつ | トップページ | 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! »

晴海・勝どき」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

はい、二郎愛好家です。
二郎に勤めていた友人と二郎を手作りしたこともあります。
ぽっぽっ屋って二郎系なんですね、知らなかった。
今度行ってみようかな。

投稿: tanigox | 2007年8月 2日 (木) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/7372574

この記事へのトラックバック一覧です: 【晴海トリトンのぽっぽっ屋】濃厚豚骨しょう油スープのラーメンが食べたくて:

« 【東京バルバリ屋形船ツアー】隅田川花火大会を見つつ | トップページ | 【東京バルバリで新サンマを食べた】肝のソースで味わうのだ! »