« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

【東京バルバリ屋形船ツアー】隅田川花火大会を見つつ

隅田川の屋形船を借り切って花火大会を見る上に、今や予約必須の人気店である東京バルバリの小池シェフ特製のバルバリ弁当をいだけるイベントに参加した。


東京下町は深川の古石場に15時集合だ。

ん?花火大会は19時過ぎのはず。

なんでそんなに気合が入っているのか?


屋形船での見学場所、つまり隅田川のどこで見るかは先着順とのことなのだ。

なるほど。







さあ早速特製バルバリ弁当をいただこう。
2_146
3_115

オマール海老のチリソース
カンパチの甘酢マリネ
おちか産イサキとお米のサラダ
ホタテ・生ウニのオーブン焼きアメリケーヌソース
炭火で焼いたウナギとフォワグラのテリーヌ
宮本さんの新奈良漬


特にウナギとフォワグラのテリーヌが凄かった。
4_82
なんだろ?カボチャのパテがなんかを合わせたのか?と間抜けなことを考えていたら旨み成分ぎっしりのフォワグラにやられた。

5_57
奥久慈卵焼き
かも麩ときゅうりとミミガーのさっぱり紅芋酢漬け


6_50
レバーパテ
あぐーバラ肉のリエット
大山鶏モツ煮込み
自家製バゲット

おなじみ東京バルバリのグランドメニューですね。

暑かったのでこの時点でビール飲みまくりです。



そもそもこのイベントはやまけんの出張食い倒れ日記を見てのもの。
だからプチオフ会でもあったのだ。

真横でどのように撮影するかを見た。

7_39

なるほど。

「フラッシュを使う」この行為は飲食店で行うことは難しい。

だから他の人に迷惑がかからない時間帯だとかお店の人と充分にコミュニケーションをした上でフラッシュ撮影をしているのだそうだ。


こうしたことは食い倒れ党員としてきちんと真似したい。


8_33
今帰仁村あぐーロースのメンチカツ
短角牛のバロティーヌ ルイジアナの香り
西崎ファームバルバリー鴨 甘味噌で
ヴァンデ産小鳩のつくね
ホロホロ鶏と縮緬キャベツ煮込み
イベリコ豚シューマイ
大沼さんのジャガイモサラダ
ゴボウのコンソメ煮浸し


なんなのだ!!この食材を使っての料理は!!
もうどれもこれも旨い!旨すぎるのだけど…いかんせん量が多い。

一口ずつ齧ったぐらいでギブアップ


しかしこの特製弁当を食べきった人が2人。

1人はまあ想像通りやまけんさんだ。

そしてももう1人は人気blog食い道を行くで有名なヒロキエさんである。


名刺交換させていただきありがとうございます。

いつも読んでおりますよ。
もうお一方素晴らしいblogger、ジャポ二郎のくにさんにもお会いすることが出来た。
いやあぽっぽっ屋にはたまに行くけど実は二郎は未食なんですよ。





15時に始まり結構揺れた船内では酔ってしまった人が一口も食べられない…なんてことも。

最後にはお土産にして持ち帰らせていただきました。




ご飯ものはおいなりさんシェフスタイル
9_21

こちらはなんと中身にカレー酢飯が使われているのだ!!

一口食べてうはははははははははと笑ってしまいました。
あ、でも美味しかったですよ。





最後に屋形船から深川飯が出た。
11_12
12_11
深川飯は現在2種類のレシピがある。

あさりやネギを炊き込みご飯にするのと、こうしたご飯に吸い物(味噌汁)を」かけるやり方だ。


どちらも旨いのだけど原型はこちらのぶっかけご飯スタイルなのだろうな。

ちなみに沖縄のじゅうしぃと呼ばれるものも、炊き込みご飯スタイルと雑炊スタイルがありますね。





肝心の花火大会も大変キレイなものでした。

Hanabi

例年よりも2000発2万2千発はお見事でした。



徹夜されて作られたと言う小池シェフの料理、屋形船、楽しい参加者の方々…


日本の真夏、最高に素晴らしい1日。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

【築地 鳥藤のぼんじり丼】

7月28日、2007築地夏まつり「飲みねぇ食いねぇ!」は、“日本全国のうまいもん”が毎日集まる築地と、“選ぼうニッポンのうまい ! 2007 ”を展開するキリンビールのコラボ・イベントだ。


会場では全国の旨いものが格安でたっぷりと食べられるとあってもの凄い混雑になる。


そこでは飲食チケットが必要で8時から売り出しだったので、遅くとも8時前には築地に行きたかったのだが8時を超えてしまった。





炎天下の中並ぶ気力の無い私はどこもかしこも天気も良いため大混雑の店を横目に鳥藤分店に向かう。


築地場外市場にある鶏肉専門店が経営する鶏料理店だ。

1_166

名物ぼんじり丼

ぼんじりとは尾骨の回りの肉のことで、濃厚な味と脂がたまらなく旨い部位のこと。

焼鳥屋では本数限定なんてことがよくありますね。



これまた濃厚な鶏スープ

2_145



築地では寿司とか海鮮ものもいいけど、こうした丼ものが結構旨しなのだ。

3_114

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年7月25日 (水)

【築地/虎杖のカレーうどん】コピーしてみた

築地、虎杖(いたどり)のカレーうどんが旨い。

コクとクリーミーなつゆが特長です。

クリーミーなカレーうどんと言うと古奈屋のものが有名ですが、そこよりももっと和風出汁が効いており上品な味わいがあります。





この味を再現出来無いものか?






友人夫妻が挑戦しており大いに影響を受けた。

「虎杖・表店のカウンターにてカレーうどんを食べている際に、カウンターに何の脈絡もなく丸ままかぼちゃが置かれていた。」

これだ!!

と思われた夫妻はカボチャ、ニンジン、玉ネギを炒めて野菜の甘みとコクを出しカレーうどんを作られた。





パクらせていただきます。





【虎杖のカレーうどん】

1.カボチャを茹でる。
 本来ならばカボチャ、ニンジン、玉ネギを炒めたいところなのだが、カボチャしか無かったので茹でることにした。

2.カボチャに火が通ったら出汁を入れる。
 築地・秋山商店の出汁パックを使用したもの。

3.荒熱が取れたらミキサーで攪拌。
1_165

4.小鍋に小麦粉、カレー粉(S&Bの赤缶)を入れ炒める。
 あ、しまったかなりダマになってしまった。

3_113

5.4に少しずつ3を入れカレーと溶く。
 味を見る。
 塩を入れ、香りが足りないようなのでガラムマサラオールスパイスを投入。

 風味付けのしょう油も。
2_144


6.カトキチの冷凍うどんを茹で汁を注ぐ。

7.クリームを表面に流し、長ネギ、豚肉を茹でたものをトッピング。
 白ゴマも振りかけた。

4_81

うん、見た目は虎杖のものとは全く違うけどまあこんなものだろう。



いただきます。


カボチャの甘みとコクが出ていますけど、虎杖とは違うなあ。

もっと複雑な野菜と出汁の旨み成分が溶け込んでいるんだよな。


ニンジン、玉ネギを使わなかったからだけでは無いようです。

仕上げにクリームを入れましたけど牛乳とかも使っているかな?


カツオ節で出汁を取りましたけど動物系も使っているし果物の甘味も加えていると見た。



しかし、これはこれでシンプルで旨いカレーうどんが出来たので良しとします。

次回の挑戦のためにまた虎杖で食べてみよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

【自家製塩辛レシピ】カンタン!旨い!

スルメイカを2杯買いイカそうめんにし生姜でいただいた。
ぐいっと冷えた日本酒が欲しかったところだけどビールで.

旨い!イカはビタミンE、タウリンが豊富なのだ。

そうそう、ちなみにイカの数え方は、泳いでいる間は匹、水揚げされると杯、干すと枚である。


捌いてみると想像以上に肝が大きかったので塩辛を作ることにした。



【塩辛】

1.肝に塩をたっぷりと盛り脱水する。
 一晩ぐらいが理想。

2.ゲソ(足のこと)の吸盤を爪でしごいたり包丁でこそげ落とす。
 面倒だったら別にそのままでも良し。
 身の部分も加えよう。

3.2に1を加え塩(イカ1杯に付きティースプーン)と風味付けの味醂。

4.よく洗った清潔な箸、スプーンでかき混ぜ冷蔵庫で寝かせる。


4_80

おおおおっ、今まで作った中で最も上手く出来た!!

炊き立てご飯の上に乗せてはやる心を抑えて一口。



うお!旨し!

臭みは無く香ばしい塩辛特有の香りがご飯の熱によって立ち昇る。


このままお茶をかけて茶漬けもいいな。

いや酒だろ!酒!



他には野菜たっぷりスープ

1_164
鰯の丸干し

2_143

向きが逆ですね。


スーパーで購入した訳の分からないすり身団子。
3_112

中身は偶然にもイカだった。
塩辛は1週間は持つはずだ!

朝飯にのみ食べていればの話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月23日 (月)

【江戸っ食い】一陣の風に涼を求める

やっと水無月になって七曜。梅雨は明けたのやら、名残の紫陽花が深い青みを潜んだまま、立ち枯れていく……



お江戸暮らしの衣食住と言う麹町で行われたイベントに参加した。

天然素材の麻の話(奈良晒しとか越後上布とかね)や江戸は世界屈指の庭園都市であるとかの講義の後お食事となります。



1_163

長芋の梅酢花山椒和え、浅蜊と小松菜の煮浸し


2_142

鱈子の味噌漬け沢庵挟み
梅酢用の梅煮
鰻巻き玉子
胡瓜の金山寺味噌

などなど


6_49

鮎の塩焼き

蓼酢を付けていただく。

「蓼食う虫も好き好き」
たでの様な苦いものを好んで食べる虫がいるように人の好みはいろいろある、の例え話に出てくるのがこの蓼。
蓼の葉をすりつぶして酢でのばしたのが蓼酢。


4_79

魚素麺のぬるぬる汁

ふわふわと柔らかいかまぼこのような食感。
ぬるぬる汁は何だろう?山芋がベースなのだろうけど青味が分からない。
ハーブの類とも違うようだ。 もしかしたら豆類かなあ。


5_56

烏賊の白塩辛茗荷和え

白塩辛とは初めてだ。
イカの黒作りは墨を入れたもので普通のは赤作りと呼ばれている。
白作りは塩だけで作るもの。


7_38

鰻握り飯

鰻を山椒で炊いたものが入っております。






江戸庶民(かなりの富裕層だと思われるが)の夕餉。


麹町、古くは糀村(こうじむら)と称したとも言われている。
徳川家康の江戸城入場後に城の西側の半蔵門から西へのびる甲州道中(甲州街道)沿いに町人町が形成されるようになり、半蔵門から順に一丁目から十三丁目まであった。
宮城や官庁街を擁する国政の中枢町であったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

【本当に旨いインド料理 スワガット/六本木店】

最高に旨いインド料理屋が江古田にあるんだ!

その名はスワガット

ケンチク者kisshさんに教えられそれなら「連れてけ~連れてけ~」と叫び続けたもののなかなかスケジュールが作れず悶々としていたところ六本木店が出来たからそこで昼はどうだ? とお誘いされた。

喜んで訪れたところこれまた鬼当たり!

こんな店が流行らないはずは無くその後、人形町店、高田馬場店と大躍進!




最近スワガット切れの日々を悶々と過ごしておりましたがようやく土曜日に食べに行くことが出来た。

まずはスープだ。

三種類の豆スープであるダルスープが欲しかったのだけど品切れ…

それならばと注文したトマトスープが甘くも濃厚で旨い。
ほのかな辛味とニンニクと香辛料の香り。

1_162

食欲が脳の視床下部からぐわっと吹き出て来た。


カレーは2種類頼んだ。

最初に出てきたのは本日のカレーである茄子とチキンのカレー

2_1_3

トマトベースの酸味と辛味が絶妙のバランスのものだ。

3_111

しっとりとした食感の巨大ナンのほのかな甘みとカレーが絶品!



続いてはインドハーブであるメティとヨーグルト、カシューナッツペーストの貴族のカレーと呼ばれているカストゥリィチキン
4_1_5

甘い香り、もの凄いコクと旨み。

チキンを食べる。

むっちりとした鶏特有の弾力がありつつも柔らかく崩れて行く。

これにはご飯だ。
5_55

クミンシードとバターで炒めたインド米で出来たジーラライスを注文。
6_48

日本のお米(ジャポニカ種)と違って、「炊く」という調理法ではなく、「煮る(茹でる)」調理法らしい。

クミンシードの香りが素晴らしく結構な量があるように見えるがぺロリと完食。


これは自宅で作ってみたいものだ。



最後の締めはやはりチャイ
7_37

甘い香りとどこか切なくなるような味に胃も大満足。

砂糖を入れても旨いのだけどそのままストレートで。



大満足の料理は2人で5000円もしません。


ひたすら旨いね旨いねの連発。

場所はコチラ


スワガット 六本木店 インドレストラン&バー [ カレー ] - Yahoo!グルメ










ん?誰と行ったかと?

















それは…
















この写真を見る

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年7月20日 (金)

【シリアルにバナナ】

タイカレーな気分一杯で帰宅すると宅配BOXに何か届いていた。










Sa_1_3 



あ、違った!



1_160


……!


2_2_2

おお、これはすっかり忘れていたサッポロビールW-DRYの300名に当たるやつではないか!!


喜んで冷凍庫で急速冷蔵し風呂上りに2本飲む。


いただいたからではないが切れ味鋭い味で大変旨し。






セミの声で目が覚める。

梅雨明け発表は未だだがこれで真夏になりました。


気温も上がり朝日も眩しい。

タイカレーな朝にふさわしい。








1_161


シリアルとなりました。

2_141

バナナを加えてみた。
シリアルで甘くなった牛乳が嬉しく旨い。

3_110

コンソメキューブ、玉ネギ、卵で作ったスープ。


4_78
冷蔵庫にあったかなり不機嫌なミニトマト。




タイカレーでは無く土曜日にはあそこのカレーをひさびさにいただきに行こうと計画した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

【マグロ、アップルパイ、イカ天そば、朝食3日分】

マグロ丼

Photo_34

食事処東卸での人気メニュー

築地市場水産仲卸の組合である東卸(東京魚市場卸協同組合)が経営している築地の社員食堂とでもいえるお店。


場外市場にあるマグロ丼もいいのだけど、ここの何とも食堂然としたテーブルでいただくのが築地っぽい。

マグロの質も今回は大当たり!赤身ながらかなり脂が乗っており旨し。





丸ごとりんごのアップルパイ

1_158

月島にある洋菓子店タンプルタンが草市で出店していたので思わず購入。

買った日は食べずに朝食にした。

店名の「タンプルタン」とは、砂糖とアーモンドを1対1の割合で作ると言う意味。

アーモンドとクリームつめて、リンゴ1個をまるごとパイ包みにしたもの。

オーブンで温めとてつもなく旨かったが、ちょいと朝食用にはヘビーだったかも…





イカ天そば

1_159

越後十日町そばと地酒の店 がんぎでの朝食。

凄まじくレベルが高い立ち食いそば屋。


新潟のお酒が飲める店なのですが20時には閉まってしまうため、朝行くことが多い。


カツオ出汁が香ります。
身が厚いイカ天はからりと揚げら食べ応え充分。

よくある路麺店での長細いイカ天とは全く違うものです。






さて、明日は何にしよう?

気分的にはカレー、タイカレーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

【気持ちがぎゅっとこもった新橋の魚料理】魚金2号店

3連休の最終日は新橋。

気合が入ったお店で気合が入った魚料理を堪能した。



訪れたお店は新橋駅ではかなりメジャーな存在である魚金。

五反田、新橋に4軒、札幌市中央区南三条と新潟市東大通にもある躍進中のお店ですがよくあるような、和風ダイニングとはかなり趣きが違います。


新鮮でボリュームある内容で予約無しでは入れない人気店になっているようです。




■名物!!お刺身六点盛り合わせ
1_157
鰯、タコ、イカ、サザエ、マグロ、カツオ、秋刀魚、カンパチ
どれも新鮮で食べ応えある量です。
青魚はこれから脂が乗って更に旨くなりますね。


■タコ煮
2_140
柔らかく味付けが上品に甘い。
どうやったらこんなに柔らかく煮ることが出来るのだろう?


■バッテラ
3_109


■あったか青のり豆富
5_54
前回も注文して絶賛だったもの。
青海苔のあんかけの塩加減が絶妙です。
ほんのりとした塩味が青海苔と豆腐の旨みを引き出す。


■秋刀魚の竜田揚げ
6_47
写真には写っていないが塩焼きも注文した。
解凍モノでは無い言わば走りのものですね。
秋刀魚は秋のイメージが強いけどこの時期から出回り完全に脂が乗り切る前に刺身とかで食べるのが旨い。


■穴子の白焼き
7_36
梅ソースでいただく。


■富士宮焼きそば
8_32
9_20
ご存知B-1グランプリ「B級ご当地グルメの祭典」で2年連続グランプリを取ったもの。
正式には魚粉を上からかけるのだけどカツオ節にしていますね。

もちもちした麺の食感に一同感激。


■車麩マグロタルタル
9_1_2
料理名は何だったか?車麩を重ねマグロが射込まれております。
焼いた車麩の食感とマグロとの対比が面白い。立体的なカナッペか?


■石鍋ご飯
10_17 
12_10
穴子でした。
三つ葉の香りが素晴らしくあっと言う間に完食です。
9名で6合ほど食べたのかな?

多店舗展開しているお店にありがちなマニュアル経営っぽい個性が無い店作りでは無く、従業員一人一人がよく勉強している気持ちの良いお店。



新橋で旨い魚を食べるのなら迷わずこちらのお店をオススメします。
ただし4人ぐらいで行った方がいろいろ食べられて楽しい。

ですからあえて勝負店には認定しません。



これだけ食べて飲みまくって6,500円だったのも嬉しいかぎり。


魚金2号店のブログ
魚金2号店 [ 居酒屋 ] - Yahoo!グルメ





サービスカット
Sa_1_1
Sa_2_1


お店を出てから撮影大会になりましたね。

ご一緒させていただいた美人さん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月16日 (月)

【佃煮の朝食】

佃の盆踊りは無形文化財にもなっている由緒正しいものです。

幕府のきびしい治安維持政策のために古い盆踊りは皆廃止されたそうで、佃島念仏踊りは東京中心部にたった一つだけ伝承を許された古い盆踊りなのだそうです。


土曜日は雨で中止でしたが日曜日に順延。

参加の記念品をいただきました。

5_53





これは地元の名産品でも食べなければと佃煮を購入。

2_139

マグロの味噌漬けも焼いた。



佃煮があさりだったので、違うものに…いやあさりづくしで。

1_156 



大好物のネギ入り卵焼き

3_108



野菜も摂らなければと茄子の塩もみ。

4_77
夏本番だ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【月島の宝立ち飲み[大島や]串Bar[あ・うん]】

月島草市がある。

7月12~14日、木金土だ。

平日は無理だから土曜日に行くことにした。

毎年行われているこの行事だが不思議と毎年仕事が重なりろくに行ったことが無いのだ。




■月島草市とは
かつてお盆が近づくとホウロク、おがら、ホウズキなどお盆用品を売る市がたちました。

それが草市の始まりです。
今日では西仲通りに露店も立ち並び、月島草市もたいそうな賑わいを見せる市となりました。
130あまりの露店は地元商店街だけではなく、町会や学生たちも加わり、各地の物産も月島に集結し、子供から大人まで楽しめる草市となりました。
7月13は路地のあちらこちらで迎え火に出会うかもしれませんね。もんじゃ焼きと伝統が同居する町、月島の夏のワンシーンです。


いいですね。
もんじゃ屋が増えたとは言え下町情緒あふれる月島で草市か…





浴衣で行きたかったところでしたが雨だったのが残念。

さあどんな風情あふれるお店があるのかな…って全然無い!!!


な、なんだこの祭りは?


学園祭のようなノリです。


怪しいテキヤのおぢさんでは無く大学生が屋台やっております。


あ? しかも客とでは無く友人同士喋っているわ携帯いじっているわ…


おいおいレゲエなんか流すなよ!



それでも奥に行けば何かあると思い2番街、3番街… 駄目だ全ての屋台が学園祭だ…

店番やっている女の子は皆若くてカワイイのですが…





まあこれもご時勢なのかと月島駅近くにある立ち飲みの名店大島やを覗く。

3_107

ん?浴衣姿のお客さんが多い!照明もいつもと違って赤く妖しい…


1_154


あああああああああ今日は浴衣ナイトだったのかああああああああ。


浴衣を着ていれば1300円で飲み放題だったらしいです…

2_138


それでもゴーヤー茗荷(ここのが発端)、マグロ漬け、白菜のお新香をいただき幸せに。


支払いはキャッシュオンデリバリー。

肴は一番高くても400円程度どれを頼んでも美味しい。






そんなに飲まずに再び月島草市に。

大した出店は無いのだけど吊りしのぶがあったので一つ購入。

「最後だから安くしとくよ」


800円でした。



このまま帰ろうかとも思ったけど喉が渇いたのでビールでも飲みましょう。
串Barあ・うん

もんじゃだらけの月島商店街において安くて美味しい焼鳥を食べさせる貴重なお店。


鶏皮ポン酢

4_76

茹でた鶏皮にポン酢をかけたもの。
シンプルだけど鶏皮のぷるぷるとした食感と皮の裏側についた旨みがシンプルに味わえる。



茹でハツ

6_46

茹でた鶏ハツに胡麻油、すりおろしニンニク、長ネギを散らしたもの。
ハツが甘くも旨い。
こちらも歯応えが良く新鮮なものだと言うのが分かる。



鶏スープ

7_35

最後の締めはいつもこれ。
ぼんじりを2本ほど追加しご飯といっしょに食べるのが最高だが、さすがにもう入らない。


月島が誇る2大名店でゆっくりと心の休日を楽しんだ。

草市はイマイチだったが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月13日 (金)

【涼しげな江戸趣味の隠れ家 金魚坂】

宝永元(1704)年創業、現在の女将さんで7代目という金魚、錦鯉の卸問屋「金魚坂

ここは喫茶や食事をするスペースがあり落ち着いた雰囲気で憩うことが出来る。
会社からも近いのでよくこの日記には登場しておりますが本日はちょいとお仕事。

1_153
3_106
2_137
4_75


金魚すくい御膳 2800円也

これに中国茶とか付くから激しくCPが高い。
美味しそうなものがちょっとずつ配置しており、金魚すくいのように小鉢から注意しながらすくうことを意識して作られているそうだ。

これは食べに行かねばならない!
行ったけど食べていないからね!

金魚坂 [ 喫茶、コーヒーショップ ] - Yahoo!グルメ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

【カンタン!鶏ガラスープ】

旨いスープが飲みたかった。

化学調味料を全く否定することは無いのだけど、天然食材を使用したものが良いに決まっている。



スープとは野菜や魚・肉の旨み成分を溶かし出したした出汁のこと。

その製法は様々ありコンソメのような洗練されたものやブイヤベースやボルシチのようなものまで多種多様ある。



【鶏ガラスープ】

1.鶏ガラをよく洗う。
 血とか付いている場合があり臭みのもとになるのでよく洗い流します。

2.鍋に水を張りハーブ類と共に水から煮込む。
生姜、長ネギを選択した(これしかなかった)
 一度熱湯に入れてから煮込むレシピとかいろいろありますね。

3.沸騰させないように弱火でぐつぐつと。
 アクは丁寧にすくうこと。

4.適当なところまで煮詰めたら、味付け。
 塩と醤油にしてみた。




かなり濃厚なものが出来た。

煮込み始めた量の半分まで煮詰めそこにワカメと溶き卵を流し込んだ。


2_136



鶏ガラは取り出すつもりだったのだけどちょっと食べてみたら結構旨かったのでそのままにしてみた。



…!!


脂分は丁寧にすくったのでしつこさは無い凄い味のスープになった。

濃縮された鶏の旨み成分がストレートに前面に出た素直な味だ。


1_152

ひさびさに鍋で炊いたご飯といっしょにわしわしと食べる。

キレイに出来たおこげが旨し。




スープは実に旨く満足したのだがいかんせん量が少なくこの一杯で終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 9日 (月)

【意外とあっさり鮭クリームパスタ】

鮭文化圏とブリ文化圏

それは糸魚川を境に西と東で異なる。
北陸においては富山以西がブリだ。

どちらが好きか?

いやどちらも同じくらい好きな魚ではあるが、幼少の頃から食べなれてきているのは鮭だ。





おにぎりにももちろん鮭、それも塩鮭が望ましい。

【鮭クリームパスタ】

1.竹本油脂の太白胡麻油でにんにくを低温で温める。

2.予め焼いておいた鮭を1に入れる。

3.塩を加えたたっぷりのお湯でパスタを茹でる。

4.2に茹で汁と生クリームを入れる。

5.アルデンテに茹でたパスタを4に入れ余熱でからませる。

6.パセリをふりかける。

1_151

生では無く焼き鮭なのはみょうがと大葉と合えた和風を当初作る予定だったから。

パスタは1.9ミリの極太のもの。


鮭とクリーム、にんにくのシンプルなソースだ。

やや固めのアルデンテにしたパスタをぐいぐいと食べ進める。


鮭の味が上手くクリームに乗り移って想定以上に上品な味付けとなった。

いくらを乗せる手もあるけどそれにはパスタをもっと細い方がいいだろう。



朝食用としてはちょっと作りすぎた!と反省していたもののぺろりと完食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

【笹塚の絶品シシリア料理無二路(むにろ)シェフのスペシャルディナー】

シシリア料理無二路

京王線笹塚駅からも下北沢駅からもちょっと距離があり、井の頭通り沿いにあるので「ちょいとふらりと入ってしまいました」的なお店ではありません。

サイトによると

無二路とは、禅で言う「古今無二路 (ここんにろなし)」という言葉からとった店名で、やり方は違っても賢者の行く道は、今も昔もひとつであるという意味。私達の店には、いわゆる普通の「イタリア料理」はありません。世界でただ一つだけの、無二路のシシリア料理をお届けします。



シェフ嵯峨山が思いっきり腕を振るう「夏の嵯峨山シェフ・スペシャル」があるとkisshさんよりお誘いがあった。

まずはこちら

2_135

トマトの冷製スープ

トマトの味の濃さと言ったら…
ああ太陽の味がします。

カクテルグラスでは無く丼一杯にいただきたい…




■前菜盛り合わせ
4_74

正面手前から時計周りにタコと白いんげん豆の煮込み、スモークサーモン、玉ネギとトマト(かなりスパイシーな味)の煮込み、子羊のつくね(!?)、ズッキーニのローストと麦?蕎麦?の煮込みつけ合わせ、カポナータ。

※メニューはうろ覚えなのでご一緒された方々のblogを見て補則修正いたします。


どれも繊細かつ上品な味付けです。

中央にあるオレンジがまた嬉しい。



■生ウニのパスタ
5_52

皆で何だろね?何だろね?と騒いでいた一品。
ウニ?いやアンキモ?フォワグラじゃないしな…白子っぽいニュアンスあるし、この味とコクはナッツを砕いて粉末に…
カラスミだよカラスミ!!

答えはウニとトマト、ニンニク、唐辛子でありました。

濃厚だけどさらっと口の中でとろけます。
白ワインと合わせると幸せが倍増です。


残ったソースはきちんとパンでいただきます。
1_150





■ピーチ(極太パスタ)と酵素豚のラグー
6_45

ピーチ(PITI)とはトスカーナで昔から食べられているもので、手延べうどんのようなパスタです。

それに佐賀県産酵素豚(抗生物質に頼らない活性酵素によって育てられた豚)のラグーがかかっております。


もちもちとした食感のピーチに豚のラグーの組み合わせは香りもコクも絶品なのですが、これまたさらりといただけてしまいます。

この時期これだけ濃厚なものをいただくと胃も口も飽きて疲れて来てしまうもの。

それはさっぱりとした食後感にしてしまう嵯峨山シェフの力量は素晴らしいし凄い配慮。




■ウサギのロースト
8_30

ああ、香草の良い香りが素晴らしい…

鶏肉と豚肉の中間のような食感と味。

出席者の中には初めてウサギを召し上がられる方もおり「う~うさこが…」「あああ…」などと言ってはいたものの一口食べれば

旨い!

香草類の香りは素晴らしいものだけど、決して主張を強いるものでは無く肉の旨みを引き出す役割をきちんとしております。


9_19

中心にアーティーチョークが詰められており、滋味溢れる苦味が美味しい。
肝臓、腎臓機能も高めてくれるそうです。




10_15

グレープフルーツのプリンなど食材の配合、温度などにずいぶんと苦心された意欲作や、お米のプディングなど最高だ。



最後に嵯峨山シェフが登場

11_11

参加者からの質問攻めにも丁寧に答える。

静かなる闘志と確固たるスキルの持ち主だけが持つ雰囲気が彼を大きく見せる。




この素晴らしい会も今回で3回目。

次回は11月頃だとか。



kisshさん始め皆様に感謝いたします。

12_9



ムニロ [ イタリア料理 ] - Yahoo!グルメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

【マグロ味噌漬け、ゴーヤーチャンプルー】

一週間の中で一番元気なのが月曜日。

そろそろエネルギーが切れかける金曜日が最も疲れいる。


そんな金曜日の朝は自分を奮い起こすためにも早起きをして、きちんとした朝食をいただきたい。

1_149

ご飯はミルキークィーン。

ちょっと水を多目にしてしまいべたつき気味。

血液をサラサラにする玉ネギの味噌汁。


3_105

ゴーヤーチャンプルー

スパムを入れカツオ節で味付け。

仕上げに溶き卵を入れて完成。

ほろ苦さが食欲を増進させる。


2_134

マグロの味噌漬け。

近所で購入したもの。

焦げた部分に味噌の甘み成分が染み込んでおり大変に香ばしい。

中心部はまだ弾力があり生とは違うが魚本来が持つ歯応えが楽しめた。



今日も暑くなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

【南国デザート グラノーラ ココナッツミルク味】

夏の必殺朝食シリアル。

時間が無い時非常に便利。



袋からシリアルを食器(椀が多い)に入れる。

牛乳或いはヨーグルトをかける。


10秒もかからない。



最近のお気に入りであるグラノーラ

1_148

今回はココナッツミルク味にしてみた。

2_133

マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツ入りとのことだがよくかき混ぜなかったので袋の底に沈んでいる模様。

フルーツ含有率低し。

3_104

ココナッツが効いており旨い。

まさしく夏の味だ!



このグラノーラシリーズですが他にも「プルーン、あんず」「ミックスビーンズ」などがあるようです。

マンゴーでも付けたくなります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【朝から野菜たっぷりラーメン】いや朝だからこそ

とにかく意識して野菜を摂るように心がけています。

生も良いのですけど熱を通すことによって量多くいただけます。


たっぷりの白菜、小松菜にミックスシーフードとスパムを加えたラーメンを作った。

1_147

添付のラーメンスープは半量にし、野菜などから出てくる旨みを生かしてみた。

片栗粉でとろみを付け、仕上げに白ゴマと胡麻油をたらすと素晴らしい香り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

【いと旨し、アイス入り和菓子[和のしずく]は今年のヒット作】

「和のしずく」は、の要素がふんだんに盛り込まれたスイーツだ。

あんで包んだバニラアイスクリームの外側を、葛風の生地でくくるんでいる。

今まで「アイスクリームが入った冷たい和菓子」と言うのはあったのだろうか?

ロッテの雪見大福が近かった…

ってこの商品もロッテでしたね。

Img_4994

ちなみにこのパッケージは漆器をイメージしているそうです。

ああ、なるほどね。




今日は「紅梅あん」にしてみた。

Img_4997

箱から出したばかりだと表面が未だ凍っています。

5~6分そのままにしていると

Img_4999

今が食べ頃。


ん~甘酸っぱい香りがします。

えーとこれは梅…梅ガム…


香料の関係なのでしょうか?

どうしても菓子類で梅と付いているものは梅ガムの香りと味がするのですよね。

まあ、でもお茶でいただくととても涼しげで美味しいお菓子ですね。

葛饅頭の一派に加えてもいいでしょう。



酒ならジンがぴったりだ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

【文京の街に佇む老舗の蕎麦屋、進開屋は酒を持ち込むのだ!】

夏の日差しが眩しいお昼時、以前より気になっていた文京区千石にある老舗の蕎麦屋、進開屋を訪れた。

会社がある春日から電車で2駅、先日見たアド街ック天国で白山・千石特集をやっていたこともあり、蕎麦心がうずうずしていたのだ。




1_146

いいですねえ。

桁を表に通し軒を支える横梁を渡した出桁造り建築は、壁面の板壁を修理した以外は昭和6年の建築のまま。

2_132

風情溢れる店構えに感動しつつ暖簾をくぐる。

3_103

有形文化財に登録されているお店の店内はそこかしこに昭和の残香がある。





昼蕎麦の醍醐味は酒でしょう。

板ワサと焼き海苔とビールで始めよう。


えーとビールと…


「ごめんなさいね、ウチはお酒置いてないんですよ。」


えっ!?そ、そうなの?


「向かいの酒屋さんから買って来てください。持ち込み自由ですから」

えっ!?それっていいんだ!

4_73

選んだのはこの2品。

上喜元の純米大吟醸とキリン復刻ラガー<大正>


グラスを借りてゴキュゴキュとビールを飲む。

昼酒は旨い!!


何を頼もうか。

!!



5_51

全メニューが1000円以下ではないですか!

天ざるの天ぷらだけを最初に出してもらえるように注文した。


6_44

卵の含有率が高いと思われる天ぷらは海老、茄子、ピーマン、さつまいもと780円とは思えない豪華さ。
海老はプリプリ、野菜の歯応えも文句なしの旨さだ。

大根おろしをつけ汁に入れ熱々の天ぷらを食べ、お酒を飲む。


旨し。


お酒がなくなりそうだ。

すいません、蕎麦お願いします。


7_34

ほどなくやってきた蕎麦は更科系の白い蕎麦。

気取ったところの無い香りと歯応えある蕎麦にもみ海苔。


濃厚で甘めの汁は江戸っ子なら先にちょいとつけていただきたい。




客は近所の夫婦がいるのみ。
穏やかな時間が流れます。



創業当時からの作り方を守り続ける一番人気は、カレー南蛮。

豚肉と長ネギだけのシンプルなものなのだそうだ。


次回はカレー南蛮に決定だ。


そこで問題がひとつ。


酒は何を合わせればいいのだろう?

場所はコチラ



進開屋そば店 [ うどん、そば、丼 ] - Yahoo!グルメ

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »