« 【標準朝食】鮭・納豆 | トップページ | 【タイの素麺料理!カノムチーン】 »

2007年6月11日 (月)

【カンタン!鯵の押し寿司】

いやカンタンではありませんでした。


分量が全く分からず苦労しました。



wikiによると

鯵の押し寿司(あじのおしずし)は主に関東から九州にかけての太平洋側の漁港に見られる郷土料理である。主に小型の鯵を使用し、酢飯と塩漬けされた鯵を型で押し固めた押し寿司の一種。

とある。


寿司飯を箱型に固めて酢で締めた魚乗せればいいのだ。





【鯵の押し寿司】

1.鯵を酢締めする。

 三枚におろしたっぷりの塩で締め酢に漬ける。
 
 1_130


2.皮を剥ぐ

 頭側からの方が剥きやすいけどなかなか難しい。
 まあこんなもんだろ。

 2_117


3.押し寿司器

 正式名称は何と言うのだろう?

 3_90


4.寿司飯をつめる

 どれくらい入れればよいのだろうか?
 この後圧縮かけるからかなり入れても大丈夫かな?

 寿司飯は甘めに作ったのだが炊くときに水の分量を間違えた。
 

 4_68


5.鯵を乗せる

 凄く不安になる。
 こんなものなのか?

 5_48


6.蓋を載せ固める

 重しはいるのか?上から軽く押してみた。
 檜の香りが素晴らしい。

 6_43


7.一時完成

 10分ぐらいそのままにし、蓋を取ってみた。
 それっぽい形になった。

 7_33


8.切り分け

 切り分け易いように切り込みがある。
 写真は蛸引き包丁

 8_29


9.完成

 寿司飯がはみ出ているが圧縮時間が短いからなのか?
 そもそもどれくらいの時間必要なのだろう。

 9_18




いただいてみた。

一年中鯵は美味しいが初夏のものはまた格別だ。

引き締まった美味しい鯵。


寿司飯がやはり水分量を間違えたため水っぽい。

甘めに作ったつもりだけどもっと甘くしてもいいかな。




ネタとシャリを合わせ時間を置くことにより熟寿司(なれずし)までいかないものの乳酸発酵した旨さを味わうものだと思う。


これは夜作って朝食べたものだが味付け、圧縮時間などまだまだ工夫研究が必要。

10_14



鯵のアラで作った味噌汁がやけに旨かった。



今回作った押し寿司の仲間には
飯と具を重ね、一定時間、力をかけて押したもの。最もポピュラーな鯖寿司である大阪府のバッテラや京都府の鯖の棒ずし、富山県の鱒寿司、鯵の押し寿司、秋刀魚寿司、鳥取県の吾左衛門寿司、広島県の角寿司、山口県の岩国寿司などがある。

夏になったら秋刀魚の棒寿司なども作ってみたい。

|

« 【標準朝食】鮭・納豆 | トップページ | 【タイの素麺料理!カノムチーン】 »

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

う~~ん、おいしそう♪ご自宅でここまでやるとは。。
巷で評判の「焼鯖寿司」もぜひやってみてくださいな。

投稿: comolyn | 2007年6月11日 (月) 16時04分

>comolynさん

「作るだけ」なら簡単なのですけどね…

はい、それは絶対に作ってみます。

投稿: 佃の旦那 | 2007年6月11日 (月) 16時28分

いつもおいしそうな写真をみせていただいております。

焼き鯖寿司もぜひ!また、UPしてください。

見ているだけで食べられないのが残念!

投稿: usako.O | 2007年6月11日 (月) 18時07分

>usako.Oさん

はい、次回は焼き鯖寿司もしくは穴子を作る予定ですよ。

投稿: 佃の旦那 | 2007年6月11日 (月) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/6745304

この記事へのトラックバック一覧です: 【カンタン!鯵の押し寿司】:

« 【標準朝食】鮭・納豆 | トップページ | 【タイの素麺料理!カノムチーン】 »