« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

【カンタン!鯖の味噌漬け】

漬物とは

発酵を伴うタイプの漬物は材料に自然に付着している乳酸菌と材料に含まれる糖類によって発酵し保存性と風味の向上が起こるが、麹などを添加して発酵の基質となる糖類を増やしたり、そこに含まれる酵素によって風味を向上させる酵素反応を誘導することもある。


とのことであります。



ただし浅漬け、千枚漬け、松前漬け等、その製造に発酵をともなわないものも多くあり、漬物すなわち発酵食品に分類することは誤りである。


中でも魚や肉の味噌漬けは発酵を伴わない漬物で、主に脱水と風味付けが主な作用と言えます。




鯖の味噌漬けの正式な作り方は分からないのですが、まあこんなもんだろ。

1.味噌(種類は何でも良し)に味醂、砂糖を加え混ぜる。

2.魚の表面に味噌をまんべんなく付ける。

3.冷蔵庫で一昼夜寝かせる。

4.我慢し切れず翌朝食べてしまう。

2_131


程よく脱水されており身が適度に締まっております。


1_145

皮に味噌の香りと味が移って大変美味しいものになりました。

とても安い鯖で頭を内臓が抜いてあり200円もしなかったはず。


三枚におろし中骨はあら汁に。

みょうがをたっぷりと加えます。

3_102





本日は鰯の洗いと冷奴でとびきり冷えた日本酒をいただく予定。

銭湯にも行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

【男の醤油】

気が抜けない会食が寿司屋であった。

思いがけず飲んでしまい、ふらふらと帰宅。


朝はトマトを中心としたサラダあたりを食べて体調管理しなければ!







などと思いつつもコンビニによりこんなものを入手した。

1_144

なんともやる気に満ちたネーミングだ。

2_130





大酒の割りにはすっきりとした目覚め。

何でこんなもの買ってしまったのかと軽い眩暈を覚えながらも喜んで男の醤油にお湯を注ぐ。


3_101

男らしく肉満載。


4_72

付属の男の醤油油を入れる。
己の背脂のことがふっと脳裏をよぎる。



5_50

朝日を浴びて堂々たる男の醤油。

かなりのコシがある縮れ太麺はかなり旨い。

光り輝く黄金色はサッポロ一番やカップヌードルには無いの色だ!(何か微妙な表現)


細かいことは食ってから言え!のスープはやや塩味が強い。


いやこれは仕事後の男が食べるものだからなのだろう。

何故かコーヒー1杯分のカフェインが入っているのも男の醤油にはふさわしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

【アイスが入った冷たい和菓子】ちょっと一息

なんか…


入梅したんだかしないんだか…


えーと秋まで忙しくなりそうな予感。




ちょいと一息入れさせていただきます。


1_143


箱から出してみた。

2_129


これはまだまだ食べてはいけない。半解凍状態だ。


もう少し溶けてから。

3_100



よし、これだ!








旨し!

あんこの甘さと濃厚なクリームが絶妙なバランスを生んでいる。

冷たさがくどくなりすぎる甘さの競演を上手く抑えて上品な旨さにしているのだ。

ひさびさに旨しものに出会った。



煎茶を抹茶に代えて2個目をいただきました。



勝負菓子に認定です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

【夏色そうめん!おろしきゅうりとシーチキン】

「夏の麺」シリーズ。

これまた作るのが簡単で朝食にはぴったりかと




【おろしきゅうりシーチキンそうめん】

1.きゅうりをおろし軽く水分を切る。

2.シーチキン、そうめんつゆで和える。

1_142


3.そうめんにからめて、大葉、みょうがを散らす。




2_128


そうめんの茹で時間は短いし調理は楽です。

考えてみれば基本的なそうめんの食べ方をオールインワンにしたぶっかけです。

きゅうりの香りを生かす為に大葉、みょうがを乗せない方がいいようにも思ったのですがきちんときゅうりの旨みは出ておりわしわしといただけます。

特に深い考えも無くノンオイルタイプのシーチキンにしましたが、オイル漬けにするとややこってり味になるでしょう。


そうめんつゆの替わりにノンオイルタイプのドレッシングでも美味しいかも。

当レシピの参考はコチラパクッった



こいつに揚げ茄子、白身魚の刺身を付けて日本酒なんかをいただいたら…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

【トマトで食べる冷たい夏の麺】

夏は麺類だ!!

冷たい麺類が旨い!!


麺を茹でたら水で締めタレ・薬味を和える。



細い麺だったら時間も短くタレなんかなんだったらしょう油とかサラダドレッシングだって構わない。


今ある野菜を刻み冷蔵庫にある残り物でも添えればごちそうだ。







【トマトそうめん】

1.玉ネギをみじん切りにし水にさらす。

2.1とスパム、チーズ(モッツアレラ)、トマト、バジルをオリーブオイルで和える。
 味付けは塩のみ。

1_141

3.水で締めたそうめんを2で和える。






2_127

 
お、旨し!

酸味も甘みもまだまだ足りないかなと思っていたトマトも玉ネギ、バジルの香りに引き立てられて旨みを増しています。

スパムを入れたのはたまたま夜お酒の肴で食べた残りを入れただけだったがアクセントになっていますね。


この他に何か主菜となるようなものが欲しくなるけど、これだけでも充分。

何せ作るにも食器を洗うにも時間がかからない。


ゆっくりと食後のコーヒーを楽しんだ。





明日はきゅうりだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

【築地で食べる!銀むつ定食】

美味しい美味しい美味しい、銀むつ煮定食を築地・東卸で食べる。

3_99

この銀むつだが正式には存在しない名前である。

「マジェエランアイナメ」とか「メロ」が正しい名前で完璧な輸入魚でありむつとは関係の無い魚です。

むつとはスズキ目ムツ科ムツ属の魚では脂っこいことの意からの呼名なのだそうだ。


美味しい銀むつではあるが水産庁の魚介類の名称のガイドラインにおいても、銀むつは使用しない名称になっております。



でもまあ…旨いからねえ…


身が柔らかくこってりとした脂の旨さはなんとご飯に合うことか。

煮汁は濃厚かつ豪快でストレートだが変な甘ったるさは無く魚の旨みを倍増させている。

4_71

ごろんと切った大根が2切れ、緑鮮やかなさやえんどうが嬉しい。



1_140
築地市場の水産仲卸の組合である東卸(東京魚市場卸協同組合)が経営している食事処東卸。

いわゆる社員食堂なのですね。

2_126

名称は変えてもいいからまだまだ銀むつは食べたいものだ。

そうそう、ここはハムエッグ定食なんて素敵なものもあります。

電話: 03-3547-8921
住所: 東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場内4号館脇 東卸会館1階
定休: 日曜・祝日・休市日
平日: 05:30 - 13:30
土曜: 05:30 - 13:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

【タイ料理?トムヤムラーメン】

タイフードフェスティバルで購入したインスタントラーメンは手軽で旨かった。


トムヤムクン (ต้มยำกุ้ง, Tom yam kung) とは、辛味と酸味、複雑な香りが特徴的な、タイ料理を代表するスープのことで「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビのこと。

酸味と辛味(単に辛いだけでは無く旨みがある)が鮮烈だ。



えーと多分どこかにトムヤムクンと書いてあるのでは?と推察される。

1_139
エビ写っているし。


このインスタント麺は何と言うのだろうか?

バミー・ナームと称される汁有り麺なのは間違いないと思うのだが。



2_125

トッピングに茹でたもやしとゆで卵(半熟失敗)牛すじ肉にした。

フレッシュハーブはバジルしか無いのだけどまあいいだろう。



想像以上に酸味と辛味があるスープです。
複雑な味わい…まではいかないにしてもなかなか旨いです。


ああ牛すじ肉は合うなあ。
もやしも良い!砕いたナッツ類でもあれば最高ですね。

3_98

日本のものとは違ってかなりコシがありますね。
強めに揚げてある感もありますがこのスープに合うようにしてあるのでしょう。



朝食にいただくと出勤途中に屋台で食べるタイのサラリーマン気分です。





ちなみにトムヤムクンは世界3大スープの1つとされるが、その話は初めて日本にトムヤムクンを持ち込んだ業者が、売り込みのための創作したキャッチコピーであるという説もある。

ちなみに、後の2つはブイヤベースとフカヒレのスープとされることが多く、トムヤムクンの代わりにボルシチとする場合もあるのは業者がボルシチを持ち込んだからなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

【カンタン沖縄料理!ソーミンタシヤー】

夏はよく(まあ一年中だけど)麺類を食べます。

朝はさっぱりしたもの食べたい!いやご飯炊くを炊くとか一汁三菜の用意が面倒だったりする理由もあります。

冷製パスタ、山盛り野菜の冷やし中華とか冷やしタヌキ蕎麦なんてのが定番ですけど、炒めたものもボリュームあって良いですね。




そうめんを炒めもの、つまり焼きそうめんのことをソーミンタシヤーと言う。

これも私の大好物だ。

タシヤーは油炒めのことで、沖縄では、そうめんを塩のみのシンプルな味で炒め、ねぎを加えたものを、ソーメンプットゥルーと称していた。

一般にはソーミンチャンプルーの表記があるが、そもそもチャンプルーの意味が島豆腐と一緒に炒めたものなので正確では無い。





【ソーミンタシヤー】シンプル編

Photo_33

そうめんペペロンチーノとでも言えば良いのか?

ニンニクのみじん切り、干し海老を竹本油脂の太白ごま油で炒め、硬めに茹でたそうめんを入れてそうめんに味が馴染むようにざっくりと炒める。

味付けは塩のみ。

茹で方に失敗しそうめんがつながっているのがありますね。

必須食材である青ネギすら入っておりませんが飽きの来ないストレートな味がgoodでありました。






【ソーミンタシヤー】野菜入り編

1_138

にんじん、キャベツ、牛すじ肉をにんにくで炒めたものをそうめんに合わせてみた。

味付けは塩と少量のカツオ出汁。

大好きなゴーヤーみょうがを添えてみた。

これは旨かった。
シンプルなところがこの料理の良さだけど1品で完結させるには野菜不足。

牛すじ肉がコクを生み出しています。

新生姜の酢漬けもきれいに出来た。





日本農林規格(JAS規格)によれば、機械麺の場合、素麺の麺の太さは直径1.3mm未満とされている。

ちなみに直径1.3mm以上~1.7mm未満は冷や麦、1.7mm以上はうどんと分類されるのだそうだ。



まだまだバリエーションが付けられそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

【夏の定番!ゴーヤ-みょうが】ビタミンCたっぷり!

月島駅近くにあるコの字カウンターが美しい立ち飲み屋大島や。
1間半の間口に白い暖簾。



ホッピーが三キン!ビールも旨い!

肴類も堪らなく安くて旨い!



その中でも大変気に入ったものがある。

ゴーヤーみょうが。

薄く切ったゴーヤーとみょうがをかつお節で和えてポン酢をかけたシンプルな料理。

ゴーヤーの新鮮な苦味とみょうがの芳しい香り。



今夜はこれを作ることにした。

【ゴーヤーみょうが】

1.半分に切り白いわたをスプーンで出してからなるべく薄く切る。

2.塩をひとつまみ入れ2分ほど煮る。
 これで苦味がぐっと減り食べ易くなる。
 1分ぐらいでも充分。

3.刻んだみょうがと合わせ冷蔵庫で冷やす。

4.食べる直前にかつお節、ポン酢をかける。

1_137

ゴーヤーはビタミンC等の水溶性ビタミンを多く含む事や、健胃効果もある苦味(苦味成分として、モモルデシン(momordicin)を含む)のため、近年では夏バテに効く健康野菜・ダイエット食品としての認知度が上がり、日本全国のあちこちで栽培されるようになった。


2_124

こちらは牛すじ肉を茹でたもの。

ポン酢をかけていただくと濃厚な旨みが。



そうなると飲むものはこれしかないでしょう。

3_97

オリオンビール
暑くなればなるほど旨くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月19日 (火)

【激旨カレーは高粘度カレー】試作品

10人いたら10通りの作り方と隠しスパイスが存在するカレー作り。

カレーと言っても様々な作り方あるのだけど基本はこうだ。


1.肉・野菜類を炒める。

2.水を入れて軽く煮込む

3.ルーを溶かしとろみが出るように煮込む


1の材料に工夫をしたり3の時にインスタントコーヒーとかケチャップを加えるのもありだ。




市販のルウは箱に記載されているレシピ通りに作ることで、想定通りの「万人好みの味」になるように開発・チューニングされているのだ。

だからあまり突拍子の無い食材を加えてもバランスが崩れるだけ。






一番カンタンかつ旨いのでよく作るカレー。

1.茄子、玉ネギ、ニンニク、鷹の爪をオリーブオイルで炒める。

2.カレー粉を入れ、野菜に火が通ったら水を加え軽く煮込む。

3.ココナッツパウダーを加えナンプラー、塩コショウで味付け




どこの国のものだか分からないが10分もかかりません。

タイ米に代表される長粒米に良く合います。






さて今回作ってみたのはNHKためしてガッテンで作られていたカレー

1.玉ネギを炒める。

2.ミキサーに1と水、ニンジンを入れ粉砕。

3.鍋に2を戻しカレールーを入れて煮込む。

4.肉類は別にソテーしておきご飯にカレーをかけるときにトッピングとして加える。


なるほど。

とても美味しく出来そうではないか!!


しかし

玉ネギとニンジンだけをミキサーにかけるところをジャガイモも加えてしまった…

1_136


出来上がったものはどうにもトロミが付きすぎている。

カレーの縁を見ればその粘度が分かるだろう。




玉ネギとニンジンが溶け込み味は良かったので次回また挑戦しっかりレシピを見るしたい。



ちなみに4食分冷凍庫に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

【カツオ、煮穴子と素麺で初夏を楽しむ】

夏が近づいて来ている。

四季のうち一番すきな季節が夏だ。

歩いているだけで滝のように流れ落ちる汗、陽炎が立ち上る地面。
セミの声、ラジオ体操の音。

Eyes0381

近年の都市部では、ヒートアイランド現象のため、熱帯夜の日数が増加している。

東京における熱帯夜の日数は、1930年代から1940年代にかけてはほとんどが年間10日以下なのに対し、1990年代以降は年間30~40日に達するすることも珍しくなくなってきているそうだ。



そんな真夏まであと一月ほどか。


暑いのが好きではあるが、夜は涼を取りたい。

夏バテ(しないけど)や食欲不振(しませんなあ)防止のための料理はこちら。


2_122

中央部にはキャベツの塩もみもある。
野菜サラダ同然。
マヨネーズとポン酢でいただくと旨い。

3_95

大葉と梅風味の豆腐。
これはしょう油ではなくて塩だな!と考えていたが一口食べて何もつけないことにした。

風味が素晴らしい。
ちょっとだけ梅ガムっぽいニュアンスもあるけど…


4_70

初めて作った煮穴子。
骨が目だっているけど食べる分にはあまり支障は無い。
若干の苦味と臭みが出てしまったけど正しいレシピはどうなのだろう?
出汁、しょう油、味醂、砂糖で煮ただけなのですけど恐らく下拵えが必要なのでしょう。

5_49
3_96

新生姜の酢漬けも作ってみた。

素麺は小分けにくるりと巻いておく。
氷水に浸すのも好きだ。


これらの料理に合わせたお酒はコチラ

1_135

秋田県山本郡の地酒 山本合名会社の白瀑、特別純米原酒の酵母違いを2種ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

【朝から丼もの/親子丼】

丼モノは食べるのが楽だし洗い物も楽。

ご飯に煮汁類がかかっているので食べ易い。


2_121

大き目の鶏肉が漢を喜ばす。


三つ葉を忘れたのだが海苔が香りのポイント。

原了郭の黒七味で味を引き締める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

【カンタン!鰆の味噌漬け】

魚は刺身で食べるのが一番豪華なように思える。

産地から鮮度を落とさずに運送する保冷技術などが必要だからだ。



昔と比較するとずいぶん色々な種類の魚を生で食べられるようになった。

鰆の刺身を2年ぐらい前に食べたときはその旨さに驚いたものです。




もちろん魚は様々な調理法がありシンプルに焼いたり煮たりしても旨い。

その中でも味噌漬けは魚を脱水し旨みを凝縮させつつ味噌で味と香りを付ける調理法です。


【鰆の味噌漬け】

1.味噌に日本酒、味醂、砂糖を混ぜ味噌床を作る。

2.鰆の切り身をガーゼに包みたいところだけど無いからキッチ
 ンペーパーで代用する。

3.2日ぐらい漬けておくのが理想だけど夜作って朝焼いてみた。


1_134

やはり漬かり時間が短いので味が薄めではあるが、なかなかキレイな仕上がりとなった。

焼くと香りがとても良い。

もっと甘めにする方が魚の旨みを引き出すような気がする。


2_120

卵焼きとキャベツの塩もみ


3_94

炊きたてご飯に明太子乗せて今朝も正しい朝食。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

【らーめん缶】

らーめん缶」は、その名の通り、ラーメンの缶詰

日本人に愛されている食品の一つラーメンを缶詰にしてみました。テレビやインターネットでも話題沸騰中の「らーめん缶」です。現在、全国に設置中のウルトラベンダーにて好評販売中です。

サイトより引用





秋葉原ではおでん缶なるものが大変流行しておりそれのラーメン版であることは以前より知っていた。


それを食べるには秋葉原に行かなければならないのか…


自動販売機でも買えるのか… ※設置場所はココ


わざわざ買いに行くのもな…




近くのコンビニであっさりと購入出来ました。

1_133








2_119





ほのかにお酢の香りがいたします。

冷やしラーメンですからね。


しかし…




3_93


こ、この味は!

スープは酢が利いているしょうゆ味です。

肝心の麺ですが…




と、トコロテンの香りと味がします。


ははあ麺が延びないように蒟蒻を使用しているからなのですね。


これは非常食なのだろうか?




いやいや全く新しい世代の新しい形なのか。


今に有名ラーメン店の缶Verが出てくるやもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

【ガッツリCoCo壱番屋のビーフカツカレー】

週のど真ん中水曜日。


遅めの昼食にはガチーと漢が喜ぶ肉揚げ物系を食べよう。


気合を入れるためにはカレーが最適。




ならばカツカレーを食べるまでよ。

1_132


このまつろわぬ荒ぶるカツカレーを食べることによってその大いなる力カロリーを体内に取り込むのだ。



カレーハウス CoCo壱番屋は名古屋に本拠地を置く大手カレー専門店チェーンである。

昔は関東には数えるほどしか無くもっぱらカレーの王子様を愛用していた。


このビーフカツカレーはポークソースのカレーにビーフカツをトッピングしたもので、注文してから揚げるために熱々をいただくことが出来る。


ビーフカツと言えば人形町のビーフカツが有名ですね。



3_92

ビーフカツ近影


大変柔らかいビーフカツは箸があれば千切れるほど。

脂身は無いけど…


なんだろ?

表面を見ると肉は肉でもメンチのようなニュアンスがある。

私見ではあるけど内臓肉であるハラミ(横隔膜の肉ですね)を結着剤(増量剤)で固めたものではないだろうか?
成分表にある大豆がそれに該当するのかもしれない。

※これはあくまでも素人の私見でありCoCo壱番屋の評判を貶めるための記述では無いことを断っておきます。


1,154kcalもあるハイカロリー昼食となりました。

夜はいりません。




あ、お酒は飲むけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

【タイの素麺料理!カノムチーン】

暑くなるにつれ朝食に麺類やエスニック料理の割合が高まる。

窓を全開にすると夏の陽射しの香りがする…



なんてのは梅雨が明けてからですね。

コレが食べたいなあ



カノムチーンと言うタイの素麺です。

様々な調理法があるようですがグリーンカレーと共にいただくと旨そうです。



家にあるのは100円ショップで購入した冷麦。

まあこれでもいいだろ。

サイトを色々見てみると唐辛子の輪切りとなんらかのハーブが乗っています。

鷹の爪とバジル(ベランダで栽培中)でもいいのかな?

1_131

唐辛子は生だろうしハーブはホーリーバジルが好ましいと思うがそれっぽい雰囲気になった。

何と言っても彩りが美しい。



グリーンカレーはタイフードフェスティバルで購入したレトルト。

2_118

かなり大きな鶏肉がごろごろしており若干ぱさついているものの充分に美味しい。

辛味とココナッツの濃厚な旨み。

ナンプラーをちょっとだけたらしていただく。

3_91


淡白な冷麦(カノムチーンと思い込む)がカレーとよくからまりとても美味しい。

レッドカレーもあるし自作はちょっと難しいけどペースト使えば自分アレンジのカレーが楽しめるだろう。




この夏タイ料理が朝の定番になるかも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月11日 (月)

【カンタン!鯵の押し寿司】

いやカンタンではありませんでした。


分量が全く分からず苦労しました。



wikiによると

鯵の押し寿司(あじのおしずし)は主に関東から九州にかけての太平洋側の漁港に見られる郷土料理である。主に小型の鯵を使用し、酢飯と塩漬けされた鯵を型で押し固めた押し寿司の一種。

とある。


寿司飯を箱型に固めて酢で締めた魚乗せればいいのだ。





【鯵の押し寿司】

1.鯵を酢締めする。

 三枚におろしたっぷりの塩で締め酢に漬ける。
 
 1_130


2.皮を剥ぐ

 頭側からの方が剥きやすいけどなかなか難しい。
 まあこんなもんだろ。

 2_117


3.押し寿司器

 正式名称は何と言うのだろう?

 3_90


4.寿司飯をつめる

 どれくらい入れればよいのだろうか?
 この後圧縮かけるからかなり入れても大丈夫かな?

 寿司飯は甘めに作ったのだが炊くときに水の分量を間違えた。
 

 4_68


5.鯵を乗せる

 凄く不安になる。
 こんなものなのか?

 5_48


6.蓋を載せ固める

 重しはいるのか?上から軽く押してみた。
 檜の香りが素晴らしい。

 6_43


7.一時完成

 10分ぐらいそのままにし、蓋を取ってみた。
 それっぽい形になった。

 7_33


8.切り分け

 切り分け易いように切り込みがある。
 写真は蛸引き包丁

 8_29


9.完成

 寿司飯がはみ出ているが圧縮時間が短いからなのか?
 そもそもどれくらいの時間必要なのだろう。

 9_18




いただいてみた。

一年中鯵は美味しいが初夏のものはまた格別だ。

引き締まった美味しい鯵。


寿司飯がやはり水分量を間違えたため水っぽい。

甘めに作ったつもりだけどもっと甘くしてもいいかな。




ネタとシャリを合わせ時間を置くことにより熟寿司(なれずし)までいかないものの乳酸発酵した旨さを味わうものだと思う。


これは夜作って朝食べたものだが味付け、圧縮時間などまだまだ工夫研究が必要。

10_14



鯵のアラで作った味噌汁がやけに旨かった。



今回作った押し寿司の仲間には
飯と具を重ね、一定時間、力をかけて押したもの。最もポピュラーな鯖寿司である大阪府のバッテラや京都府の鯖の棒ずし、富山県の鱒寿司、鯵の押し寿司、秋刀魚寿司、鳥取県の吾左衛門寿司、広島県の角寿司、山口県の岩国寿司などがある。

夏になったら秋刀魚の棒寿司なども作ってみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

【標準朝食】鮭・納豆

メートル原器みたいなもの…

いや全く違いますね。




自分の中でいつもこうありたいと思っている朝食のことです。

1_129

山形の「まあどんな漬け」「薄皮丸ナスのピリ辛漬け」辛くも甘い漬物。


2_116

キャベツの塩もみ。
生姜と大葉を加えてちょっと塩をきつめにすると冷蔵で3日ぐらい持ちます。

3_89

欠かしたことはありません。
納豆さえあればどうにでもなるものです。

お酒の肴にもなるし。



4_67

豆腐の味噌汁と焼いた塩鮭の朝食。

卵料理を加えると完璧になりますが…


これぐらいの方が可愛げがあるってもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【築地・高はしの悶絶金目の煮付け】

豪快な休日にするべく朝から絶品朝食をいただきに築地に向かう。

休みの日だからこそ早起きするのだ。






築地場内にある絶品魚料理店高はし

千円札2枚で楽しめる料亭クオリティ!!と築地王も絶賛のお店です。



鯵酢が食べたかったのだが品切れとのこと。

1_128

わらさ(ブリのちょっと手前)の刺身

上品な脂が堪らない。

2_115


輝くように美しい金目の煮付け

3_88

こちらもまた上品な煮汁で丁寧に煮付けられております。

お酒を飲みたくなるのをぐっと我慢する。


4_66


「インターネットで話題の高はしの梅干」と書かれていたので思わず注文。

南高梅ですね。



こうなるとこれが必要

6_42

炊き立てのご飯の何と素晴らしいこと。

ぐいぐいとかき込みます。


金目の煮汁を少しかけると…ああ…





よくぞ日本に生まれけり。






市場場内、場外を一回りする。


…と。

8_28

波除神社(なみよけじんじゃ)だ。

明暦の大火後、築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で工事は難航した。
その最中のある晩、光を放ち漂う御神体が見つかり、万治2年(1659年)、現在地に社殿を建て祀った。
その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、以降厄除けの神様として信仰を集めることとなった。


築地市場に隣接しているこじんまりとした神社だ。



波除稲荷神社 夏越し大祭『つきじ獅子祭』の真っ只中なのだ。



弁財天・雌の大獅子「お歯黒獅子」

10_13


9_17

一声で万物を威伏させる「獅子」の巨大な頭を担いで回ったのが「つきじ獅子祭」の始まりなのだそうだ。




凛とした獅子の祭り、縁日も開かれているようですのでお出かけになられるのも素敵な休日の過ごし方。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

【カンタン!中華粥レシピ】海鮮アスパラ炒めも旨し!

味噌汁にご飯を入れて温めた雑炊を作ることが多い。

ご飯は炊いたものの食べなかったり残したりするものを冷凍しておく。

電子レンジで温めれば炊きたてと変わらない!!

とのことだけど電子レンジはあまり好きでは無い持っていないので雑炊にするのだ。





主食と汁物を同時に摂れから作るのも楽なら食べるのも楽だ!

もちろん食器洗いも楽。





そんな雑炊だけどたまにはきちんと(!?)したお粥が食べたい。




【中華粥】

1.中華スープでご飯を煮る

以上

1_127

1人前なら0.25合もあれば充分です。

食べる器(丼)に水を入れてその分量で調理すればよいでしょう。


中華スープは味覇(ウェイパー)を使用。




2_114

冷凍のシーフードミックスとアスパラガス、かまぼこ(まあノリで入れてみた)を炒め中華スープを入れ片栗粉でトロミを付けたものを副菜とした。

搾菜を細かく刻んで風味付け。





旨い!粥がとてつもなく旨いぞ!!

そうだ一旦作ったものを冷やすのもありかな…


冷やし粥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【白山ラーメン】夜中のご褒美

いや、夜中に食べてはいけない。


就寝前3時間には何も食べない方が良い。

せめて1時間前に固形物を摂るのは控えたい。






だけど深夜まで仕事し眠いし空腹感で堪らないとき熱々のラーメンが心を癒してくれるのだ。(身体には良くないなあ)





三田線白山駅からほど近い、白山通り沿いに昔からある有名ラーメン店、白山ラーメン

1_126


お店はテーブル席どころか立って食べるスペースすら無い究極の立ち食いスタイル。


豚骨の香りが濃厚なしょう油味のスープは思っていたよりもあっさりとしている。

細麺は歯切れ良く茹でられておりスープによくからまる。

2_113


店の前に2人掛けのベンチが2いくつかあるだけでほとんどの人が丼を持ってその場で食べています。



ああ、そうかだから丼がプラスチックなのだな。


料理の保温よりも持ちやすさを優先しているのですね。






東の空が明るくなり始める午前4時迄営業。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 7日 (木)

【茅場町の絶品ラーメンと言えば】

ひたすらに旨かった料理。

2_112

3_87
悪友I田のボトルを勝手に飲む。

4_65

5_47
6_41

魚系の出汁が香ります。
もう少しスープの量が欲しいところだが、これくらいの方が潔いのかな?

ぷりぷりの海老ワンタンも旨いが麺がたまらない。

オススメします。

7_32



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »