« 【自分だけの豊かな休日】簡単ちまきレシピ! | トップページ | 【タイフェスティバル2007】暑く熱い祭り! »

2007年5月12日 (土)

【越後十日町そばと地酒の店 がんぎ】路麺最高峰のひとつ

自宅近くにある越後十日町そばがんぎが立ち食いスタイルながら凄まじくレベルが高い。

ふのりをつなぎに使用したそばは独特の弾力感と香りが、最近では関東でも食べられるようになったと言えまだまだ珍しい存在。


そしてここは夕方からお酒が飲めるのが嬉しい。


ただし20時30分で終了してしまうため相当気合を入れなければ訪れることは難しい。





1_113 

お酒は新潟の地酒。

今日は久保田の千寿にしてみた。


素直で優しい風味、キレイな水で作られたのが分かるかのような清清しさが旨い。



肴ははうどの黄身酢和えにしよう。

2_100



しゃくしゃくとした食感と香り。
旨い!丁寧に作られた黄身酢が食欲を刺激する。

3_79


カツオの皮を揚げたもの。

珍しい…初めていただくが身が残っていて香ばしい。




ここでお代わりの久保田


4_59 


見ての通り立ち食い形式で仕事帰りのお父さんが一杯やっている。

そんな形式のお店だけに若い女性や団体もいないのでゆっくりと味わうことが出来る。
黒板には刺身類や煮物などのメニューが書かれているがほとんどが500円程度なのが嬉しい。




ん?こしあぶらの天ぷら?




なんだろう?



5_43 

ほお、山菜なのですね?

調べて見ると山菜の女王と称されて大変人気なのだそうだ。
たらの芽と同様にウコギ科の木の若芽が上品な春の旨が凝縮されています。

塩でいただくと口の中でとろけます。




おお堪らなく旨い!…もう一杯久保田下さい。




蕎麦屋で長っ尻は野暮と言うもの。


締めには盛りをいただきます。

6_37

非常に強い腰の麺とカツオ出汁が効いているつゆが関東には無い味。

当然海苔なんかはかけてはいけない。



温かいものもあるがここではやはり冷たく締めた麺が旨いと思う。




7_28 

店じまいが早いのが残念ではあるがたまには仕事を早く切り上げて、蕎麦で一杯やるのは己のモチベーションを高めるには良いのかもしれない。



|

« 【自分だけの豊かな休日】簡単ちまきレシピ! | トップページ | 【タイフェスティバル2007】暑く熱い祭り! »

東京・丸の内・日本橋・茅場町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/6392376

この記事へのトラックバック一覧です: 【越後十日町そばと地酒の店 がんぎ】路麺最高峰のひとつ:

« 【自分だけの豊かな休日】簡単ちまきレシピ! | トップページ | 【タイフェスティバル2007】暑く熱い祭り! »