« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月27日 (金)

【築地高はしのスーパーあなご丼】

築地で朝ご飯。

自宅から徒歩で30分。

今朝は高はしだ。

あんこう煮で有名な魚が旨い店。

 1_105

ふわふわのとろけるようなあなご丼

実はご飯の下にまたあなごが隠れている。

あなごで出来た関東ローム層や~

スーパーあなご丼と名付けられているこれは、あなごも上質のものを使用し大変に上品な味付けです。

山葵を少し付けてご飯と一緒にいただけば心の中で右腕を引くガッツポーズ


これで2,000円は恐ろしくCPが高いと思う。








本日は朝ご飯を食べるだけでは無くもう一つの目的がある。





家探しだ。




七厘が使え築地まで徒歩圏内の一戸建てを探していますが、なかなか物件が無い。

ならば部屋が広いレトロマンションはどうだろうか?

バランス釜、Pタイル、玄関の新聞受け…

古いけど清潔なエントランス…

そんなところに住むのもいいなといつもの不動産コンサルに依頼。


メールで間取り図が来た。

「あまり古く無いのですがこちらはどうでしょう?」

6_33 

真西向きの物件。

好きな方角です。

周りの建物との関係もあるけど銀座方面の眺望が望めそうだ。

付近は

3_72   
7_25

ああ、いいですね。

築地は戦災から免れたため古い家屋が結構残っており風情あふれています。

近くにはなかなか雰囲気のある喫茶店があり。
8_22

こちらでしばし考える。

9_15




場所的には面白いところだけど間取りが狭い。

今のところより多少広いぐらいだ。



ファッションとは「他人から自分がどのように見られたいのか」を表現しているもの。

住まいもまた同じくいやそれ以上にパーソナリティーを表しているものだと思う。

食うは近くに旨くて安い店があればいい、寝るのに必要なスペースは1畳程度だ、住むのは家では無くて街だ!

コンサル(不動産屋では無くてこう呼びたい)にはもう2年ほど探していただき正直どうしようもねえなあと思われているのかもしれない。

私の場合こんな理由があるからなのは充分理解はしている。

でもここまでねばって探しているのだ。

限りなく自分の理想に近い家に住みたい。

いや住んでみせる!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月25日 (水)

【勝どきの殿堂入り食堂】月よし

客の8割はタクシードライバーのようです。

会社近くにあったら間違いなく通います!

ひさびさの大ヒット店。





無理やり会議場所を勝どきトリトンに設定して前から行きたかった月よしに行った。

この方のサイトが好きでよく訪れるのですがココでも紹介されております。



大江戸線勝どき駅下車、徒歩5分。

なかなかの外観です。

旨そうな雰囲気がぷんぷん匂いたっております。

 452471_2479423903


まあ所謂街の食堂です。





マグロぶつ、茄子南蛮、小ライス、味噌汁を注文してみた。

 
 452471_3229954701


マグロぶつは300円。

これは旨い。
下手な店なら中トロと言ってもいいぐらい脂が乗っております。

魚仁の500円山盛り、大島やの中トロぶつ480円などと同等のコストパフォーマンスですね。



 452471_3046733206


これは茄子南蛮。

茄子を素揚げした後に酢醤油に漬けたもの。

これは夏になるとよく作る常備菜のひとつでビールにもお酒にも良く合う料理で、さっぱりと食べられます。



ご飯は「半ライス」「小ライス」「普通盛り」「大盛り」とありますが迷わず小ライスに。

盛りが凄いのは事前に仕入れておりました。



特筆すべきは味噌汁。



ご飯茶碗と同じ大きさの碗に入ってくるのです。

豆腐とワカメどっさりです。



この他にも結構な数のメニューがありとても1,2回では全容を把握できそうにありません。

お店が20時30分で閉店してしまうのが難点ですが、これから通いそうなお店です。




ちなみにお酒類は裏メニューとしてビール、カップ酒があるものの1人1本と決められているの、きちんと食事をして欲しいからだそうです。









しかし…お酒飲みたいから月島の岸田屋に行く。

煮込みが旨い。凄く旨い。

 452471_1331065561


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月24日 (火)

【新モスバーガー】のパティはどうだったのか?

築地~勝どき~月島地区で一戸建てを3年ぐらい探しております。


ひさびさに情報が入った。

広さは40平米強の1LDK平屋で家賃はなんと10万!
1_103

四方を家で囲まれておりました。

外観はとてもキレイだったのですけどね。



全ての物事はトレードオフの関係にあります。


安ければ安いなりに何かしらが犠牲になっているもの。

自分にとっての優先順位を考えつつ家探しは続きます。

ココなんか憧れます。








ハンバーガーのパティ(ハンバーグの部分)はビーフ100%が売りであったのですが、モスバーガーはなんと日本人の味覚にあうビーフとポークの合びきパティに変更した。

2_91 

何故にそうしたのだろう?

3_71 


確かに美味しいのだけど…

何らかの戦略あってのことなのだろう。








藤が美しい。

4_54 


こちらは芍薬

6_32 

これからは葉桜も美しい季節になりますね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

【相撲イベント】ちゃんこと甚句の世界

駅で言うと本郷三丁目、東大のある街に江戸時代から続く老舗の金魚卸とレストランの金魚坂でのイベントが土曜日にあった。

幕内力士大至の甚句とちゃんこのゆうべだ。

悪友のI田と2人で行く。

1_102 

甚句とは日本の伝統的な歌謡の一形式でアカペラで歌われるもので、基本的な節回しは同じである。

「おお、面白いな」


いいだろ?俺はこれで3回目になるけどいいよな。


「声が良いよ、大至ってのは俺でも知っているからな」


ちゃんこ旨いな。


「俺もう3杯目だよ」


ん?ビールないな?お代わりするか?



「ああビールもらおう。お前は?」



いや未だ喉が痛いからもういいや。






肝心のちゃんこの画像が無いのは2人ともお腹が空いていて出てきた途端に食べたからです。



あまりにも旨かったので翌日作ってみることにした。



【塩ちゃんこ】

1.出汁を引く
 昆布と築地秋山のカツオパックでやや濃い目に。

2.ニンニクをすりおろし生姜はみじん切りに。

3.豚バラ肉を一度湯がいてから鍋に。

4.玉ネギ、ニンジン、大根、こんにゃく、油揚げ、豆腐を入れる。
 ここで良く煮込んでおく。
 味付けは塩と砂糖。

 しょう油でアクセントを付ける。

5.長ネギ、シメジ、キャベツ、ニラを入れ5分ほど煮込む。



ん、もうちょい塩と砂糖を加えてみよう。


8_21 


お、昨日食べたのと近いですよ。

…うん、旨しだ!


これだけ食材を入れるとそれぞれから旨みが出ていいなあ。

特にキャベツと玉ネギから甘みが引き出されてます。

喉が痛く身体も本調子で無いので飲み物はギネス。

7_24 


ふう、汗もかいたし野菜もたっぷり摂れて満足。


だた一つ失敗したこと





鍋いっぱいに作ったので3日は食べ続けることになるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

【月島/魚仁】やはり旨し!極上マグロぶつ!

喉が痛い。


上気道炎、つまりは風邪だ。

こんな夜は暖かくして水分取って早く寝るに限る。






早い時間の月島はもんじゃを食べに来ている人々で大賑わい。

けほけほと咳をしつつ商店街を通り抜ける。



…と。



魚仁だ!


…おお、そうだここで新鮮なマグロぶつを購入して食べたら元気になれそうだ!そうに違いない。

1_101


ほとんどが中トロ以上のレベルです。
この量の2倍以上あって500円は凄まじいCPだと思います。




2_90

特売のサラダ菜に水にさらしたネギを散らし、塩ポン酢とごま油のドレッシングでいただく。



身体に優しい飲み物は無いのか?





3_70 

藤井フミヤデザインのグラスに注いで一気に飲る。

暴力的なまでに旨い魚仁のマグロぶつを咀嚼する。

旨み溢れる脂分がはじける。

クリーミーな苦味のドラフトギネスを飲む。


ちょっと脂分に疲れたらサラダ菜を食べると舌が蘇る。





ギネスを2本飲み終えて早めに寝た。





天気も良く気分が良い朝。


喉は幾分痛い。

これはきっとお酒が足りなかったのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

【本郷の金魚坂】350年以上続く金魚卸&レストラン

ワタクシの勤めている会社が文京区春日、カウンターパートナー企業が本郷三丁目にある関係から、文豪が多く住んでいた菊坂付近はよく出没する。


その菊坂から1本内側に入った場所に、江戸時代から続く老舗金魚卸とレストランを経営する金魚坂がある。

よく食事をしたりイベントに参加したりしているお気に入りのお店なのだ。


本日は昼食をスタッフ5人と共に。
1_100
2_89

銀ダラの西京焼き定食

3_69
4_53

バターやバニラのニュアンスを感じる中国茶。

最高に旨いこのお茶が付いて1200円はかなりのお得。

5_38

いたるところに金魚の意匠が。

6_31

明日、元幕内力士の大至による「ちゃんこと甚句のゆうべ」と言うイベントがある。


これ行ってみようと思っているんですよ。




金魚坂 [ 喫茶、コーヒーショップ ] - Yahoo!グルメ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【静岡限定のっぽパン】きりんマークが目印

豊洲に昨年出来たららぽーとにはアオキスーパーが入っている。


生鮮食品の品揃えが良いちょいと高級スーパーだ。


愛知県内に展開しており豊洲が首都圏最初の出店らしい。






何やらひとだかりが…




のっぽパン?




ふーん静岡限定なんだ…




3_68 


ちょいと疲れ気味なので甘~い朝食です。

ミルクティー、ヨーグルト(イチゴが沈んでおります)、そして購入したのっぽパンです。

「のっぽ」と言うだけあって30センチほどであろうか。

皿に乗り切らないので半分に切る。





ええなかなかに美味しいパン(クリーム入り)でした。


のっぽパン、さて東京進出なるか?



wikiによると

販売エリアは静岡県内と近隣各県に限られる。
のっぽパンの地元の沼津市や静岡県東部地区一帯のほとんどのスーパーで常時販売される。
また、人気商品以外はすぐに販売アイテムからはずされるコンビニ各店でも販売されることからもその人気がうかがえる。
週末のスーパーではパン売り場に大量に置かれた安売りののっぽパンが2本、3本とまとめ買いされていく光景がよくみられる。
近年では静岡県内の東名高速道路サービスエリアでも販売されている。

静岡県民が他地域に引っ越して主に県内でしか販売されていないことに気付く商品でもある。

では、6月25日2006年現在1000人をも超えるのっぽパンが好きな皆さんのコミュニティーが存在し、県内に留まらず日本国内外と幅広い支持を得ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

【朝から山盛りの天ぷらそば】

睡眠は90分を1セットと考え、その倍数の時間で考えると寝覚めが良いそうだ。

現実的には4時間~5時間30分ぐらいでしょうか。


それでも10日に1回ぐらい非常に深い睡眠が出来て5時ぐらいにすっきりと起きたりすることがあります。

そんな時は散歩をして朝食後に朝風呂なんかを楽しんだりしています。




その時にいただいた朝食がこちら

2_88 

前日に買いすぎた天ぷら、野菜サラダ、大根おろしをのせてみた。

今年初の冷やし天ぷらそばですね。

大変美味しくいただきました。


麺はこちら
1_99



かなり弾力があり風味も豊か。


もっと暑くなると毎朝そばの日々に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

【お台場/東京テレポート駅】花でおぼれそう

花見の類が大好きです。

梅~桜と続く春は気分が良い季節でもあります。



春の花で忘れてはいけないのが菜の花

忘れてはいなかったのだが時間が作れなかった。




お台場、東京テレポート駅前に広がる緑地がある。

3_67 

もう終わりかけではあるが菜の花を見ることが出来た。

4_52 
5_37 

ゆりかもめで豊洲に出て帰宅。

居酒屋~和の気分であったので

6_30 

天ぷらはスーパーで購入。

安かったのでちょっと買いすぎた。(余ったのは翌朝いただいた)

たらの芽の天ぷらもあり旨し。

8_20

築地で購入した250円のブリ。
冷凍保存していたもの。

しょう油、味醂が無かったので日本酒に砂糖を混ぜたものをキッチンペーパーで何度も塗っては焼きを繰り返した。

丁寧に調理すると旨いなあ。


7_23 

更科系の乾麺の実力はかなり向上しています。

市販の濃縮めんつゆであっても大根おろしを入れると、かなり旨くなります。




ひさびさのお台場は相変わらずの人出。

もう少しゆっくりしたかったのだが菜の花を見ることが出来満足。

ちょっと厚めの着流しがちょうど良い季節。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月)

【カンタン鯖サンド】これがまたえらく旨い!

鯖オフで覚えた最高に旨いものです。

バゲットに焼いた鯖と厚めに切った玉ネギをはさむだけ。


1_98 

バゲットが売り切れだったので、カンパーニュにしてみた。

あ、バターも無いからクリームチーズをパンに塗ろう。



2_87 

ヌックマムがあれば良いのだけどそれも無いので、バルサミコ酢をちょいとかけて。



パンに鯖?

いやいやこれが最高に旨しなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

【葉山の獲れ立てぴっちぴちのアジ丼】

三枚に下ろす。


アジは大きさが手ごろだし捌くのは楽です。


1_97 



これから夏にかけて美味しいアジはどんな調理法でも合うし、価格も安いのでガンガン食べています。




【アジ丼】

1.ご飯を硬めに炊き適当に酢、塩、砂糖をまぶして酢飯を作り冷しておく。

黄色い沢庵(これに限る)を大き目のみじん切りにして酢飯に混ぜる。
2_86


2.アジの刺身を好きなだけ乗せる。
 冷凍庫にイカがあったので解凍して加える。
3_66




山葵を溶かし込んだしょう油をざっくりとかけ回す。

ご飯と一緒にアジの刺身をほおばる。

弾力ある身が旨い。


ご飯の沢庵がアクセント。


イカとアジなので生姜の方が良かった気もするが…山葵だって旨いのだ。



ざっくざっくと食べればパワーと共に幸せが漲る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【男は…色白の…好き】

友人のI田の会社に遊びに行った。

独立して10年。

日本橋にきれいなオフィスを構えている。


「なかなかいいだろ?」


大したもんだね


「社員全員英語出来るし給料だって結構払っているんだ」


無職になったら雇ってくれよ


「英語は?貿易の基礎知識は?」



……。


この酒お土産でもらっていいか?


「ん、ああ、いいよもらったやつだから」







甘い…なんか香りも好みでは無い…

そんなお酒はロックにしてしまうのに限る。

なーに、日本酒ベースのカクテルにしたと思えばいいのだ。

3_65 


肴はポテトサラダだ。


時々作ってはタッパーに入れて常備菜にしている。

今回のはコーン入りだ。
2_85

居酒屋には必ずありますね。
ソースをかけても旨し。

卵焼きとししとうを炒めたものを肴に。

1_96 







しかし…この酒は…


I田は美食家ではあるが舌音痴なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

【築地かとうで金目の煮付け】

気分が乗った時、いや乗らない時こそ築地に朝ごはんを食べに行く。

特に何を買うのではなくてもただ歩くだけで市場と市場で働く人々からのパワーを感じる。

築地浴ってやつですね。





物凄い行列が出来ている寿司屋を横目に場内にあるかとうに入る。

ドラえもんそっくりな声を出す女将



いらっしゃ~~い





「金目の煮付け下さい」





はい、金目ひとつ~~



1_95


ご飯がぐいぐい進む。


味噌汁がこれまた最高に旨し。



「ご飯おかわり下さい」




はい、半飯ひとつ~~



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

【蕎麦で一杯!】春の夜風が気持ち良い

ここ何日か蕎麦を食べています。


時間が無い朝なんかはとにかく便利。


市販の濃縮つゆを希釈してネギと適当に冷蔵庫にあるものぶち込めばいい。

鯖缶だって構わない。

気温も上がりそろそろ盛りとかざるがいいな。

晩酌の肴にそばを選択。

現在のところベスト乾麺である。
1_94

値段は400円弱





白身の魚が食べたい。

閉店間際なので1サク320円だ。
2_84



ビールはヱビスの新作にしてみた。

3_64 


世の中の主流なのか?

甘めでふくよかな香りが素晴らしい。




まずはビールを飲む。


旨し。


鯛の刺身をいただきビールを飲む。



かあーーーーーっ!



蕎麦もいただこう。

7_22   


大根おろしをたっぷりとつけ汁に入れると濃縮のものにありがちなアルコール臭さがマイルドになる。



旨し。



日本酒は九州のお酒、蒼田だ。

5_36 


自宅で好きなものをゆったりと楽しむ。



こんな贅沢なことって他にあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

【お江戸深川 さくらまつり】和船に乗り和を楽しんだ!

地下鉄(都営でも営団でも)の駅に設置してあるフリーペーパーが好きでよく持ち帰っています。

自宅でお酒野飲みながら読むのだ。




ヴァーチャルトリップ




ん?お江戸深川 さくらまつり

■ 花見船(和船)
3月24・25・31 4月1・7・8日の6日間 10時~16時まで



おおこれは粋ですよ!行かねばならん!


1_93 

昔ながらの手漕ぎ船にて黒船橋から東富橋までの距離を往復。

門前仲町交差点からすぐのところ。



2_83 

船は江東区和船友の会により動力は使わず昔ながらの手漕ぎでの遊覧。


3_63

松尾芭蕉に扮している方が川や和船について説明してくださります。

着ている服はどうしたのかと伺ったところ。

たまたま浅草で歩いているお坊さんに聞いて取り扱っているお店を教えていただいたそうだ。

ちなみにそのお店は浜松町にあるそうだ。



4_50 


前夜は雨も降って心配していたのですが晴れてよかった。

川面を渡る風が心地よい。


5_35



まだまだ現役の爺さん。

スクリューと舵を兼ねている櫓を巧みに扱う。

こんな爺さんになりたい。

1ヶ月前に購入した着流しで優雅に舟遊び。





富岡八幡宮で軽くお参りした後は、門前仲町の絶品寿司屋「匠」に行き寿司をいただく。

「おっ?和服、今日は何していたの?」

へへへっ黒船橋から和船に乗って散り行く桜を愛でていてね。

「ふーん、いいねえ 何行く?握る?」

いや、刺身と鯛の兜煮もらおうかな。

えーとお酒は燗がいいな。るみ子お燗して。




楽しき哉、旨し哉、和の休日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鯖尽くしオフ】その後の鯖はどうなった?

【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」に参加しいろいろお土産をいただいた。

様々なハーブ、香辛料に漬け込んだ鯖フィレだ。

竹本油脂の太白ごま油で焼く。



冷凍のうどんを茹で付け合せに。

4_48




しめ鯖に出来る新鮮な鯖です。

表面をカリッと焼き上げる。とろりととろける食感。


茹で上げ熱々のうどんがこれまた旨し。





ビールでも欲しいところだけど朝食なので抹茶を飲むことに。

2_81 

手間がかかる?

インスタントコーヒーとなんら変わることはありません。

お湯入れてぱしゃぱしゃと攪拌するだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

【シンプル朝食】トースト旨し!

ご飯好きだけどたまにはパンが食べたくなる。


1_91 



食パンは必ずトースト。

本日はバターではなくクリームチーズにしてみた。



甘みが嬉しいミルクティー。


ヨーグルトには刻んだドライフルーツを前の晩から入れておくと大変に美味しい。

朝にはしっとりと戻ったフルーツの甘みがプレーンヨーグルトにほんのり移って優しい味になります。

今朝はドライストロベリーに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ブリ塩焼き】血中料理欲濃度

夜中に帰宅しいそいそと料理を作る。


疲れていればいるほど血中料理欲濃度が上がる。




3_61 


朝食用のおかずを作りつつ余ったもので晩酌にする。



数日前に会社近くで購入したブリが安く新鮮だったのでシンプルに塩焼きにしてみた。

1_89 



山芋を切り卵黄と合える。

2_80 
ポン酢と山葵でちょいと味付けをします。



水菜も安い。
ワカメとベーコンをカリカリに焼いたものを加える。

4_47 




お酒はワインを飲もう。

エノテカで購入した南アフリカのワイン、セラだ。

1_90 


1000円ちょいで購入出来る激旨ワインなのだが在庫限りらしい。

検索してもほとんど出てこないのだけど香り高くボディもしっかりして飲みやすいのだ。




店頭で見かけたら即買いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」 2

お酒も当然様々なものが集まりました。


14_4 

一の蔵のお酒。

甘みと酸味が強いのでリキュールかな?と思ったのですがなんと純米酒!

白ワインのような軽い口当たりと柔らかく爽やかな甘みがなんとも不思議。

15_3 

ああ、何故か今では巨人なんだよな。


16_2 

鯖はどんな調理法でも旨いのだけどシンプルな塩焼きは文句無しに旨かった。

17_2 

スパイス揚げ。
パクチーとレモンをたっぷりと絞っていただきます。

旨い。

18_2 

マスタードリーフと一緒に煮込んだ鯖カレー
ココナッツが効いて実に濃厚かつまろやか。
ほくほくしたご飯と合う合う。
19_2

先ほどの出汁はこれのためです。

火鍋の具材でピリ辛に。

締めにラーメンとは…堪らないですよ。
20

麺に四川の漬物を乗せ更に鯖。

これまたパクチーを加えるとビールがなんぼでも飲めます。

21 

白子の唐揚。
普通に旨いです。
初めていただきましたが普通に美味しいものでした。





23 

!さすが鯖オフ!
水煮缶のお土産です。




24 

楽しい時間を過ごすことが出来幸せな気分となりました。




近所の夜桜をほろ酔い気分で愛でる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」 1

面白いことを考える人がいるものです。

イベント詳細:
・参加者ご自慢の調理法で、その場で作った鯖料理を食べる
・お気に入りのお酒と合わせて鯖を食べる
・参加者推薦の持ち寄り鯖品評会
・とにかく鯖を食べまくる

会場は渋谷Dreamer's cafe はぴはぴ

それではまいりましょう

1_88
2_79 

ワタクシ自作のしめ鯖。

塩で締めること6時間。
ちょっと締めすぎました。

どうしようかと思っていましたがカボスを絞ることと輪切りにしたのを上に乗せて若干の味修正。


3_60 

4_46  

まるでフランス料理のような鯖のスパイシー煮込み(?)

コリアンダーの香りがたまらないです。


5_33 

中央に見えるのが鯖サンド!

玉ネギとソテーした鯖だけなのですが旨さ爆発でございます。

途中パンを追加購入して作ったほど。
6_29  

お土産にもいただいた胡椒の粕漬け。
熟成が楽しみです。

7_20 

詳細失念、とろんとろんのバッテラ。
周りはとろろ昆布ですね。

8_19 
9_14

鯖を素揚げしたものにチリソースをかけたもの。

いいですねー。
幸せな味です。

10_10 

これがまた凄い!
四川風漬物。

塩漬けした蕪、人参に自家製ラー油がかかっております。

これは確かに似た様なものいただいたことあります。
11_10

スパイシーな料理には口当たりが柔らかく甘めのサントリーモルツが大当たり。

素晴らしいマリアージュ。

12_8 

椎名誠絶賛と言う唐辛子入鯖味付缶

皆食べた瞬間に歓声が上がりました。
13_5

アラで出汁を引いております。


それはアレを作るからなのです。



後半戦に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »