« 【両国の猪鍋屋/ももんじや】 | トップページ | 【根菜と酒の日々】 »

2007年3月12日 (月)

【シーチキンとろ】缶の中でマグロが輝く!

成城石井、明治屋、紀伊国屋…クラスでないと売っていない




シーチキンとろを近所のスーパーで購入した。



 1_81

価格は500円弱する。

いくつかあったので逆上して10個ぐらい買いそうになったのですが…もういい大人なので自重しました。手持ちが少なかった訳ではありません






気品さえ感じさせる全体像。

 2_73





びんながまぐろの腹部だけを使用していて1匹から8個しか出来ないらしいこの美しい姿に目頭が熱くなります。


 3_55



豪快かつ漢らしくしょう油をかけ回してご飯の上にどさりと乗せてわっしわっしと食べたかったのですが、もういい大人なので素材そのものを味わうためにそのままいただきました。




ん?…うん…身は柔らかくしっとりとしています。


滑らかな舌触りはトロそのもの。





銀座の老舗Barルパンではこれが常備されております。




ああ、旨しです。


旨しですがしょう油をかけて七味を振って…

もういい大人なので止めておきました。



|

« 【両国の猪鍋屋/ももんじや】 | トップページ | 【根菜と酒の日々】 »

漢の料理」カテゴリの記事

コメント

ネットサーフィン中流れ流れてこんな所まで。
旦那さん、初めて見ました!
トロシーチキン。
大阪にもあるのでしょうか?
是非是非賞味してみたいです。

投稿: madamteresa | 2007年3月15日 (木) 04時17分

>madamteresaさん

あるのではないかと…
きっとあるはず。

投稿: 佃の旦那 | 2007年3月15日 (木) 14時16分

開けると形状が変わる特殊な缶に入っているのですか?

投稿: | 2010年5月 3日 (月) 19時02分

いえいえ缶はいたって普通のやつですよ~

投稿: 佃の旦那 | 2010年5月 6日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/5665754

この記事へのトラックバック一覧です: 【シーチキンとろ】缶の中でマグロが輝く!:

« 【両国の猪鍋屋/ももんじや】 | トップページ | 【根菜と酒の日々】 »