« 【漢の肴】もやしとサラミ | トップページ | 【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」 1 »

2007年3月29日 (木)

【浜っ子なら誰でも知っている/勝烈庵】そして未だ冬

3_59

自分の中では鴨がいる内は冬です。

4_44

もうすっかり春です。




ひさびさに横浜まで遠征。


様々回るところあり駆け足でした。


遅い昼食として是非とも訪れたかったのが、勝烈庵。

1_87


横浜、神奈川の者にとって




とんかつの原風景




とも呼べるお店です。




ここのカツがどうしても食べたかった。




2_78 

ここのロースが絶品なのだ!

んん!?…あ、アレ?

こんなものだったっけかな?


今回いただいたのはロースかつ定食。

うーん2年前にいただいたのが神奈川の銘柄豚〔やまゆりポーク〕を使用したロースだったので、そのイメージが強すぎたのかな?




まあ旨いことは旨いのですがぬおおおおおおおおおおおおお!と唸るようなものではありませんでした。




人の記憶って美化し易いですからね。



|

« 【漢の肴】もやしとサラミ | トップページ | 【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」 1 »

みなとみらい・桜木町・野毛」カテゴリの記事

コメント

おー!勝烈庵。あの本店は雰囲気があっていいお店ですよね。
あのちょっと薄めのソースが賛否が分かれるところです

投稿: sawamura@横浜在住 | 2007年3月30日 (金) 09時45分

美味しかった想い出が美化されすぎていましたね。

食べるのなら一番高いのがいいですね。


内装も清潔です。

投稿: 佃の旦那 | 2007年3月30日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/5892684

この記事へのトラックバック一覧です: 【浜っ子なら誰でも知っている/勝烈庵】そして未だ冬:

« 【漢の肴】もやしとサラミ | トップページ | 【鯖尽くしオフ】「鯖ために鐘は鳴る」 1 »