« 【神楽坂・亀井堂】の激旨クリームパンにのけぞった! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! »

2006年11月13日 (月)

【牡蠣バター焼き】築地たけだのそれを模したのだ!

ここ何日か牡蠣が食べたくて仕方が無かった。


しかもカキフライでは無くソテーしたものだ。



中でも築地場内にあるたけだのが食べたい…





牡蠣のことなら築地王様もメンバーでいらっしゃるカキタベ!を参考にするのが現在最も質の高い内容が得られるのだ。







むぅ、…コレだ!





最近再びばたついているので早朝築地での朝食もままならない…


作ることにしてみた。




【牡蠣バター焼き】

1.生食用の牡蠣を水で振り洗いし昆布の上に乗せておく。

 水切りの意味と昆布の風味を移すため。



2.小麦粉を付けてベーコンで巻く。



3.竹本油脂の太白ごま油で焼く。中火で。



4.焼き汁に少量の味醂としょう油、大さじ1ぐらいのバターを
 入れてとろとろにする。


2_16



焦げ目が出来るぐらいにベーコンを焼いているのでカリカリとしたクリスピーな感触が最初にあります。

続いて牡蠣が登場。


旨みが幾重にも広がる。


短い時間ながらも昆布締めしていたからなのか。

しょう油バターの香ばしい香りと牡蠣の肉汁が口の中を満たす。



慌ててご飯をほおばる。






旨し!






凶悪なまでに旨い牡蠣バター炒め。


1_17



付け合せは

白菜をニンニクで軽く炒めたもの。

カボチャ、ニンジンをコンソメで煮てバターで風味を付けたもの。

ええ、ええ朝からご飯もりもりです。

|

« 【神楽坂・亀井堂】の激旨クリームパンにのけぞった! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! »

漢の料理」カテゴリの記事

朝食 漢はがっつりと!」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/4168588

この記事へのトラックバック一覧です: 【牡蠣バター焼き】築地たけだのそれを模したのだ!:

« 【神楽坂・亀井堂】の激旨クリームパンにのけぞった! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! »