« 【無二路】絶品イタリア料理、饗宴とはこのことを指すのだ! | トップページ | 【横浜の謎食?サンマー麺】 »

2006年11月27日 (月)

【月島・ほていさん】驚愕アンコウ鍋はコラーゲンがいっぱい!

えっ!?

おおおおおーーーーーーーーーーー

驚嘆の声が一斉にあがる。

月島の路地にあるお店ほていさんであんこう鍋をいただいた。
もんじゃで有名な西仲通り商店街中心部にある交番の近くなのだが場所は分かりづらいためフリでお客が入るような店では無い。



 2_28

「一口ずつ味見してみてくださいね」

鍋にもられた大量のあん肝に箸を伸ばす。


………!!

濃厚なんて言葉では言い尽くせない濃い味が舌の上で踊りだす。



「えっ!?なんすかこりゃ?」

「動物でも無いのにこんなに脂があるのは凄いですよね」






 3_20

火が通り始めあん肝の脂分が溶け出す。

仲居さんがここまで全てを仕切るので手を出してはいけない。




「はい、どうぞ」


一人分ずつ取り分けられたものをいただく。


 4_18



!!!!




コラーゲンプルプルの身と歯ごたえのある内臓があん肝のスープによってその旨みを幾重にも増している。

濃厚なスープをまとった野菜がたまらなく旨い。


熱々のあんこう鍋を食べる。

興奮冷めやらぬ口中を落ち着かせるようにビールを流し込む。

あんこうを食べる。


「ああああ、旨い!これは旨いよ!」

「大量にあるけどこれは全て食べられますねえ」


ちなみにここは前菜も充実しており、刺身盛り合わせ、胡麻豆腐、もずく酢など高品質で旨いのだ。

 1_31

 ちなみにこれで約4人前である。


「それでは雑炊を作りますね」

仲居さんが作り始める。

ほとんどあくが出ないあんこう鍋にご飯を入れ軽く煮込む。



「どうぞ」

 


 5_14


……!


一同声を失う。





鍋をやった後で食べる雑炊が旨いのは具材の旨みが溶け出したスープのおかげ。

旨くないわけ無いのだ!!


「また来ます」

「ああ、こんな旨いあんこう鍋は初めてですよ」

「今年はもう3回目です」



今まで大人数でないと駄目だと思っていた(最小でも4人でした)のですが2人でも大丈夫とのこと。




勝負店に認定です!

場所は分かりづらい場所にあります。 コチラ!



ちなみにこのお店、布袋寅泰さんの親戚がやられております。

|

« 【無二路】絶品イタリア料理、饗宴とはこのことを指すのだ! | トップページ | 【横浜の謎食?サンマー麺】 »

月島」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

初めまして♪TBありがとうございます!
実は私も月島の帰りに「佃」という地名が「佃煮」の名前の由来となってる話を聞いて「へぇ~♪」と喜んでた次第です。(w ;
これからもヨロシクお願いしますぅー!!

投稿: ドラミ | 2007年1月15日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/4330658

この記事へのトラックバック一覧です: 【月島・ほていさん】驚愕アンコウ鍋はコラーゲンがいっぱい!:

» 焼き栗 [matty's memo]
焼き栗 イタリアでは焼き栗が流行っているようです。 (*^ー^)ノ 焼き栗の屋台。 おしゃれですね!    ちなみに日本版はコチラデス ↓       赤い袋の「甘栗」の屋台はよく見かけます。 味はに日本版とは違うようで、  ほくほく... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 17時56分

» ほていさん [古谷千秋の食い倒れ日記]
あんこう鍋で有名な月島の『ほていさん』で食事会。 [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 02時22分

« 【無二路】絶品イタリア料理、饗宴とはこのことを指すのだ! | トップページ | 【横浜の謎食?サンマー麺】 »