« 【鴨鍋・猪鍋】上品さと野趣溢れるその味はどうだったのか? | トップページ | 【おからハンバーグ】ヘルシーかつ満足度も高いのだ! »

2006年11月 8日 (水)

君を幸せにするために【すき焼き編】~習作~

そう、2番出口を出て真っ直ぐ、突き当たりを左で奥から2番目のマンションだから。

「分かりました。エントランスに着いたら呼び出せばいいのね」




僕の家で食事をするのはひさびさだ。

ビールが無かったので途中にあるスーパーで4本ばかり買ってくるようにお願いした。

「急にメールなんかで呼び出して…食べさせたいものって何?」

すき焼きやるって言ってただろう?まあ今日は習作なんだけどさ。

「鍋で何作ってるの?」

これはタレさ。

しょう油と味醂を水でうすめて火にかける。
そこに昆布・煮干・削りガツオにネギの切れっ端をどっさり。
あとはとろ火でぐつぐつ。




「な、何か荒っぽくない?」

なあにぐつぐつのすき焼きに使うんだ上品にすることはないさ。






さて厚揚げを作るか。

「厚揚げ?前菜?」

いや違うこれが今回の主役さ。

「主役?すき焼きなのに?」

1_13  

作り方分からないから適当にやろう。
豆腐は3時間水切りして半分に切ってあると。
何か粉付けた方がいいのかな?



「わたし、知らない」

小麦粉ないから片栗粉でいいや



サラダ油7胡麻油3(竹本油脂の極上胡麻油)で2度揚げしよう。

2_13

粉を付けていない側面が良い色になったな…

まあいいや。

準備出来たから始めようか。





「じゃあカンパーイ!すき焼き楽しみぃ」

肉から食べよう。

「ずい分と厚く切ってあるのね。すき焼きってもっとこう」



この方が食べ出があるだろ?

よくある一口ステーキぐらいに切ってみたんだ。

すき焼き用の鍋が無くてティファールのパエリアパンなのが寂しいがまあいいだろ。

牛脂がなじんだらステーキ焼く要領なんだ。

片面にこんがり焼き目が付いたら裏っ返して少し火を落とす。

仕上げにさっき作った出汁しょう油を焼き絡めて。

 

3_10

さあすき焼きの主役牛肉だよ。溶き卵で食べてみて。

どお?



「…う、うん。…美味しい」

何だよ?その言い方は。

どれ俺も一口。

うーん、しょう油が焦げた味が邪魔になるなあ。

表面が焼けて中がレアなのは良いとして味付けがなあ。

出汁しょう油に砂糖を入れて甘味を出してみよう。




今度はどう?

「もっと焦げやすくなって苦味が…」

うーん、おかしいなあ香ばしい風味になると思ったのだけどなあ。

肉を食べ終えた鍋はそのままで、出汁しょう油をお湯で割って味は濃い目!

ぐつぐつ沸いたら揚げ豆腐と水菜とネギをぶち込む。

 

4_10

さあ、どうだろ?



揚げたおかげで肉のエキスたっぷりの出汁が豆腐にぎゅっと染みて、その濃厚な出汁と豆腐本来の味と胡麻油の香ばしさが絶妙で、それが溶き卵と一緒に口の中で甘~くふんわりととろけて…

「悪く無い、美味しいけど苦味が残る…」

ああ、焦げた味が残ってしまったのかなあ…

「でもこのアイディア良いから普通のすき焼き作る時に焼き豆腐じゃなくてこの厚揚げがいいかも」

うーん、そうじゃなくてだなあ。

最初に肉を食べてだなあ…その肉汁で豆腐をだなあ…






「美味しかった!凄く美味しかった!」

えっ?苦味が残るとか言ってたじゃないか?

「ううん、デザートの豆乳アイス美味しい!」 






以上、脳内彼女編でした。

|

« 【鴨鍋・猪鍋】上品さと野趣溢れるその味はどうだったのか? | トップページ | 【おからハンバーグ】ヘルシーかつ満足度も高いのだ! »

漢の料理」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/4109107

この記事へのトラックバック一覧です: 君を幸せにするために【すき焼き編】~習作~ :

» 黒胡宝 25度 黒胡麻焼酎 [目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求めて! 酒日記]
月日の経つのは早いもので、年があけてしまいました。 皆さんあけまして、おめでとうございます。 去年はいっぱい酒呑んだなぁ。 ブログの更新は、月に半分くらい更新している月もあれば、月2つとかの時もあって結構忙しさに左右された一年でした。 今年は、コンスタントに更新をしていきたいと思います。 まだまだアップしていない、呑んだ酒が山ほどあるので。 さて、この年末年始なのですが、会社は休み。 相方と私の実家(京都と滋賀)へ帰省をしてまいりました。 相方は28日から休みに入っている... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 04時17分

« 【鴨鍋・猪鍋】上品さと野趣溢れるその味はどうだったのか? | トップページ | 【おからハンバーグ】ヘルシーかつ満足度も高いのだ! »