« 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】3日目 »

2006年11月15日 (水)

【東京丸の内インデアンカレー】~銀座の休日

大阪に本店があるバカ旨カレーであるインデアンが一周年を迎えた。


しかも何かくれるらしい。

2_18

ああ、旨し。

最初の一口目は甘く感じるがガツーンとした辛味が後から出てくるのでお子様とか辛いものが苦手な方は要注意だ。



そしてコレがまた旨い。

1_20

ピクルスと呼ばれているキャベツの酢漬けである。

ザワークラウト(仏語だとシュークルート、オランダ語だとズールコールですね)に酷似しているけど乳酸発酵させていないのでやはりピクルスなのだろう。
リンゴの風味を感じるのでリンゴ酢使用か?


記念品は開店から先着100名にロゴ入りメモパッドをいただけるらしいが昼前には無くなってしまうらしい。

開店直後に行くべし!

3_12




有楽町に向かう。


おっ、かなり出来ているね。

1_23

有楽町駅前第1地区第一種市街地再開発事業ってやつです。

大手町・丸の内・有楽町地区 再開発計画推進協議会とか見ると萌え萌えです。

大手企業の目論見とか地元への利益誘導の思惑だとか…




そんな魑魅魍魎が蠢く(凄い字だ)有楽町を後にして銀座に向
かいます。

2_19

ひさびさにエノテカ銀座店に行ってワインを買ったり呉服屋の定点観測したり。

銀座もとじとか買いもしないのに見たりするのが楽しい。

3_13

歌舞伎座を左に見ながら築地方面に進む。

4_12

右手に食器が安いうりきり屋が見える。

5_8

勝どき橋を渡れば月島だ。


まだ日があるうちになんとか帰れた。

ん?おお!

1_22

風が強かったので大気中の塵が吹き飛ばされたのだろうか。

見事な夕景です。





とらやの菓子とお茶で一服

6_6

あん焼き「こがねぎく」ってやつです。


こうした時間を過ごすのがたまらなく贅沢だと思えるのは年を取った証拠なのか。

|

« 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】3日目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160199/4192683

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京丸の内インデアンカレー】~銀座の休日:

« 【パンチェッタ自作日記】イタリア式生ベーコンは自宅で! | トップページ | 【パンチェッタ自作日記】3日目 »